Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

■ ヘッダ ■ 今年6月ピレネー山脈で見たナルキッスス・アプスキッスス ピレネー山脈フランス側で。草原に広がって咲くさまは見事だった! 

新宿御苑で写真ワークショップ

いがりまさし先生のワークショップに行ってきました。

新宿御苑はもう春でしたよ♪

今日は参加者が多かったので、説明を聞くことに専念して、撮影は一人であとからゆっくりとしました。今回こそはと、望遠レンズを持って行ったのはいいけれど、フルサイズのカメラに合わないレンズを持って行ってしまっていた〜 あちゃま!

なので、マクロレンズ100㎜で頑張りました。が・・・やはり梅や桜など、木の花は望遠レンズが断然ベター♪  

いつものように光の大切さを学んできました。

太陽がどの位置にあると光の状態が綺麗か・・・ふむふむと頷いては来たものの、こればかりは何度も何度も試行錯誤を繰り返さなくては身に付かないもの。

繰り返しあるのみ!

      f:id:blueskymayuri:20180303214324j:plain

ニワトコ。やっぱり花芽が出てなくちゃ撮る気になりませんものね。とはいがり先生。そんなものかー わたしゃ、何でもいいから芽吹けばいいと思ってた。

確かにそだね~花芽は、より嬉しいな♪ でもこの位置からでは花芽がよく見えてない。。。苦笑

      f:id:blueskymayuri:20180303215009j:plain

アジサイも、もう葉が出始めていた。新宿御苑はうちの辺りよりすべてが進んでいるようでした。

      f:id:blueskymayuri:20180303215047j:plain 

コントラストをついつい強くし過ぎてしまうけど、やはり柔らかさを忘れてはいけないな。それぞれの植物のエネルギーと合わせてやらなくちゃ。  

      f:id:blueskymayuri:20180303215328j:plain

枯れた葉も取り入れると面白いかも。

 

コブシの芽吹き。綺麗に輝いてた。

f:id:blueskymayuri:20180303223209j:plain

 

何気ない逆光で輝いてた葉。

      f:id:blueskymayuri:20180303215515j:plain

 

ここの馬酔木はもう花盛り。

馬酔木の葉はアセボチンという有毒成分を含んでいて、馬が食べると麻酔状態になるというのでアゼビ(馬酔木)と名づけられたそうですよ。

      f:id:blueskymayuri:20180303221012j:plain

      f:id:blueskymayuri:20180303221221j:plain

つぼ型の花は可愛♪

やはり、今は梅かな~ということで梅も写したけれど、梅って難しい。

今日はこんな風。

      f:id:blueskymayuri:20180303221523j:plain

バックがうるさくならないように、後ろに何もない花、または花が浮き出るように黒い場所を見つけること自体が難しい。

      f:id:blueskymayuri:20180303221724j:plain

後ろの色合いをちょっと面白い感じにしてみた。

      f:id:blueskymayuri:20180303222055j:plain

青い空をバックにする時だけは露出補正はしないでいい。

f:id:blueskymayuri:20180303222223j:plain

梅はまさに花盛りでした。香ってくるようですか?それならこの写真成功!!!

今日はひとまずここまで。

明日は山梨へ行ってきます。朝早く出るので、寝ますネ。

もう眠くて~~zzzz

 

あ、いがり先生のお手本集はこちら→

http://www.plantsindex.com/workshop/wssample/sample.cgi?mode=result&resultno=1478

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。