Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

■ ヘッダ ■ 今年6月ピレネー山脈で見たナルキッスス・アプスキッスス ピレネー山脈フランス側で。草原に広がって咲くさまは見事だった! 

フェルメール展&ティータイムお知らせ

f:id:blueskymayuri:20181127185041j:plain

人が混む美術館は嫌いなので、人気の企画展にはあまり足を運ばない私。でも、これだけは、何が何でも行きたいと思っていました。フェルメール展です。

良かったぁーー

好きすぎて、終わって思ったこと。それは、今日は誰とも話をしたくない!静かに一人で余韻に浸っていたいという事でした。

それにしても、やっぱり人は多かった~ ねえ、おばさん、ちょっと黙って欲しいなーと、何度思ったことか。男の人はあまりしゃべらない。女の人は、どーしてあんなにああいう会場ででも、友達と話したがるんでしょうね。

会場の「上野の森美術館」の横では、綺麗に黄葉したイチョウに交じって、可愛く桜が咲いてました。

この時は、並んでいたので、終わってから名前を見に行こうと思ってましたが、終わった時は感動で頭が働かなくて、もうすっかり桜の事は忘れてました。苦笑 きっと、十月桜です。何故かは、遠くから樹名札を眺めたら、樹名札のサクラの前部分が長かったの~~ だから、きっとジュウガツザクラ~~

 

f:id:blueskymayuri:20181127190111j:plain

後ろに見える行列は、フェルメール展に並ぶ列。この列は、前もって時間指定の切符を買っている人たちなんですよ。

30分だったから、そうでもないのかな… 

      f:id:blueskymayuri:20181127190128j:plain

どこの国の人達か、マレー系の人達が嬉しそうにはしゃいでました。桜と黄葉では、マレー系の人達は喜びますよね♪ 故郷では見れない景色ですものね。

欧米でもないアジアの小さな国日本に、これだけフェルメールの絵画を集めたのは、一体誰なんだろう? とっても興味あり調べてみましたが、その方の名前は分かっても、ネット上では隠された存在の様でした。残念。

フェルメール展、まだまだ2月3日まで開催です。ぜひとも、見にいらして下さい。フェルメールの絵が一堂にこんなに見られるのはもうないかもしれませんね。光の表現が、それはもう美しいです。

+++++

 

ティータイムお知らせ

1.12月4日 第7回ボタラバティータイムご参加の皆様へ

  この日は、ゆっくりするために会場を一日貸しで借りていますので、18時までいられます。(そんなにいないけどね^^ ) なので、ランチが終わっても、ゆっくりとお過ごし頂けます。

・福島の会津から星さんほんま物の栃餅を持って来て下さいます。どんなものかご賞味ください。尾瀬の写真も見せて頂けます。栃餅は顔がゆがみます!きっと!

ブータン久保さんも特別に東ブータンプロクバ族の衣装や帽子を持って来て下さいます。とても珍しく、かつとても素敵な刺繍の衣装です。ぜひ、手にとってご覧ください。

舘林さんは、とっても名残り惜しいですが、今回がイングリッシュガーデンシリーズの最後の日となります。聞きたいことがあれば、ぜひ逃すことなくお聞きください。

ランチですが、せっかく沢山の人数が集まるので、花かご弁当から大皿フードに変更いたしました。値段も少しお安く2300円とさせて頂きます。宜しくお願い致します。

・たべものの持ち寄り大歓迎です♪

 

2.2月5日(火曜日)第8回ボタラバティータイム予告

NPOグリーンワークス代表牧野ふみよさん

 および

・若草&スマイルプラス代表木村智子さんトークをお願い致しました。

 トムちゃん(木村さん)には、第5回ティータイムで、熱帯雨林について話して頂き大好評でした。リクエストの声が多かったので、早速実現いたします。トーク内容に関しましては、また詳しく載せさせて頂きますね。

とても忙しいお二人にお願い出来て、本当に嬉しく思っている私です。有難いです。

めったに聞けない話です。

日にち、確保願います^^

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。