Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

キルギス 標高約3800mの世界 神の領域に恐る恐るお邪魔した。

エンジェルロードの見えるホテル@瀬戸内アートとイートの旅10

豊島よりフェリーで約1時間。フェリーは小豆島の土庄港へ入って行きました。

まず目についたのは、港近くのごま油「かどや」の大きな工場。見慣れたごま油の容器の大きな写真が迎えてくれました。へー、かどやって小豆島なんだね。

かどやのごま油わかりますか?

これです。

金印純正ごま油

見慣れた瓶でしょ?!?

小豆島工場見学→http://www.kadoya.com/Portals/0/sesameweb/factory_shodoshima/index.html

オリーブと24の瞳以外にもよく知っているものを発見して、より親しみを抱いた小豆島だったのでした。知らなかった~~

 

港に着くと、宿泊先のホテル、小豆島国際ホテルの送迎バスが迎えに来てくれていました。港から車で5分ほどで、ホテルに到着。私が小さい頃から名前を耳にしているホテル。かなり老舗的存在のはず、維持していくのは大変でしょうが、行ってみて思いました、頑張ってるな~このホテル。

このホテルに泊まるまず一番のポテンシャルは、エンジェルロードが部屋から目の前に見えることでしょうか?おおよそ、一日2回島と本土が繋がり、できる道がエンジェルロードと呼ばれていて干潮時から前後約2時間ほど歩けるようです。

まあ、よくあるやつですが、それなりに面白い。恋人たちにはとても惹かれる場所ですよね。

f:id:blueskymayuri:20190420103452j:plain

その日の5時23分、エンジェルロードはこんな状態でした。
もう少しで繋がるかな?

ペアーを遠くから眺めては、あの二人はいい感じね、あの二人は脈なしだね~!おばさん二人はいやらしく感想をのべて楽しんだのでした^^ 苦笑

 

次の日の朝、9時半 ずいぶんと人が出てきたね。

結局、旦那様へのLOVEが少々(少々ですよ^^!)薄れ気味な熟年おばさんは歩こうという意欲迄失っている自分に気づいたのでした。苦笑 

おまえさん、愛はあるんか?

何かのCMが頭に浮かんできた~~

ははは、歩けばそれなりに気持ち良かったでしょうに・・・

     f:id:blueskymayuri:20190420104040j:plain

ホテルより頂いたハートの手形。

     f:id:blueskymayuri:20190420110522j:plain

ねー、裏になんて書く?

ラブ&ピースでいいんじゃない? 

可哀想に、ポツンとわが部屋の棚に鎮座しております♪ せめて、パソコン前のよく見える処にぶら下げてやろうかな?! 

 

東本館8階のプレミアムツインが、超お安いキャンペーンを見つけてラッキー!この階だけはアートも楽しめます。エンジェルロードも目の前。広めのいい部屋でした。嬉しい!


廊下がこんなでした。

f:id:blueskymayuri:20190420110212j:plain

大岩オスカール

f:id:blueskymayuri:20190420110337j:plain

f:id:blueskymayuri:20190420110426j:plain

 

その他、特記することといえば、食事がとても美味でした。食事は大事ですからね。下はスタンダードな夕食です。結構豪華。

家族連れで賑わってました。皆楽しそう♪

f:id:blueskymayuri:20190420111615j:plain

夕食も美味しかったのですが、言わずにおれないのは、朝食バイキング。

f:id:blueskymayuri:20190420111856j:plain

今まで食べた朝食で、絶対一番の種類の多さ!!!もう、びっくりです。これだけどうやって用意するの?並べるだけでも大変だわー

普段は朝食はあまり食べない主義の私もこういう時は食べます!!!食べては取りに行き、忙しい♪

大満足!美味しかった~~

次の日は、ホテルのレンタカーを借りて、ドライブ♪ オリーブ、沢山見れるかな?

小豆島国際ホテル→http://www.shodoshima-kh.jp/

小豆島も瀬戸内芸術祭に参加してます。

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。