Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

今年4月クロアチア・プリトヴィッチェ湖群 何段にも続く湖。そこから溢れる水が何連にもなって流れ落ちる。目の間に広がる青の色は何処までも深く、その美しさは息が止まるほどだった。

プリトヴィッチェ・ハイキング2@クロアチア・登山、ハイキング、そしてグルメの旅4

プリトヴィッチェ湖沼群のアッパーレイクハイキング。

ここは神の領域か!!! 

感激しながら、るんるんでのお散歩でした。

f:id:blueskymayuri:20190522155033j:plain

ここで、一番目についた植物は、上の写真の手前に生えている蕗のような植物。湖の淵にあっちにもこっちにも群生してました。

       f:id:blueskymayuri:20190522155138j:plain

学名:Petasites hybridus キク科フキ属の多年草
和名はセイヨウフキというようです。英名は Common butterbur。

そして、ふと目に留まったのはヤドリギの実!

f:id:blueskymayuri:20190522155815j:plain

初めて見ました!!! ヤドリギの実。

光があたって、ちょうどいい感じ。綺麗だー♪

と、一人で感激してると、あれ!待って~~!!! いつもの通り、一人遅れてはドタバタ。追いかけるのって、けっこう疲れるんです。おまけに写す時って息を絶対止めるんです。息止めて、苦しくなった状態の時に追いかけるからしんどくなるのです。息止めないで、集中する練習しようかな~~

ゾーンに入る練習^^

 

f:id:blueskymayuri:20190522160217j:plain

向こうに迫力ある滝が見えてきました。スプリンクラーという名前だそうです。ずっと回り込んで行くと、スプリンクラーの様な水しぶきの下を歩けるのだそう♪

気持ちいいなー

水もいいし、見上げると、、、 ね! 新緑が綺麗でしょ!!! 

f:id:blueskymayuri:20190522160330j:plain

西洋ブナの輝く黄緑色がいまだに忘れられません。 これは一生ものの綺麗さだ!!!    

 

f:id:blueskymayuri:20190522161224j:plain

スプリンクラー滝に近づいてきました。

水しぶきの中を通過です♪ ひゃー気持ちいい!!!

f:id:blueskymayuri:20190522161324j:plain

kawaさんの自撮り装置。ちゃんと写ってるかどうかわからないヤツ^^  だって、スマホじゃないから、モニターがないんだもん。いくら広角にしても、向こう二人は写ってないと思うけど・・・写ると思って、めちゃくちゃいい笑顔してる。ははは。

今回の旅で、楽しい自撮りカメラでした♪

きっと、意表を突いた楽しい写真が撮れているに違いない!!!*1

 

f:id:blueskymayuri:20190522162339j:plain

スプリンクラー、カッコいい滝でした。

f:id:blueskymayuri:20190522162609j:plain

f:id:blueskymayuri:20190522162648j:plain

この辺りから、ヤドリギが増えてきて、あっちにもこっちにもヤドリギ

     f:id:blueskymayuri:20190522162753j:plain

ヤドリギは落葉樹の木に寄生し、その幹から養分などを吸い取って大きくなります。寄生木と書いてヤドリギ

f:id:blueskymayuri:20190522163036j:plain

寄生している木の葉が落ちてるから、ヤドリギが目立って、なんだか、くす玉みたいですね。

これにも白い実がついてます。

オウシュウヤドリギだそうです。

f:id:blueskymayuri:20190522163425j:plain

オウシュウヤドリギは幹に対を成す長円形で凹凸のないふちの葉、また2から6個が密集した白い滑らかな液果をつけることから容易に見分けられる、とウイキペディアにもありました。

f:id:blueskymayuri:20190522162844j:plain

 ここの水の色は浅葱色みたいでもあった。

 

f:id:blueskymayuri:20190522163124j:plain

近くに、遠くに、色々な表情の滝を楽しむことが出来ます。

f:id:blueskymayuri:20190522163310j:plain

一応、滝のポーズです。

芸が乏しくて・・・苦笑

f:id:blueskymayuri:20190522165418j:plain

この輝きにはテンションが上がる!

f:id:blueskymayuri:20190522170151j:plain

f:id:blueskymayuri:20190522165541j:plain

花も・・・いろいろ。

f:id:blueskymayuri:20190522170320j:plain

マメ科のこの花は沢山あったけど、はっきりした名前は??? 
下のであってるかしら?

マメ科シロエニシダ属の小低木。
学名: Chamaecytisus hirsutus。 カマエキティスス・ヒルスツス
英名は:Hairy broom

 

      f:id:blueskymayuri:20190522170558j:plain

マメ科レンリソウ属の多年草
学名は:Lathyrus vernus。ラチルス・ウェルヌス
英名は:Spring vetchling。        

この子は沢山生えてました。

花はピンクから青に変わります。   ヨーロッパからシベリアに分布。ふつう石灰岩地の林や茂みに生え、高さは15-30センチ。茎には稜があります。
   

      f:id:blueskymayuri:20190522174457j:plain

そして、もう実になってたけど・・・

f:id:blueskymayuri:20190522172231j:plain

クリスマスローズも!

真ん中の尖がったのが実です♪

       f:id:blueskymayuri:20190522172452j:plain

タネツケバナの背の高いバージョンみたい。

少し歩くと、広大な絶景ポイント到来。

      

 

f:id:blueskymayuri:20190522165614j:plain

皆で記念撮影をパチリ^^

f:id:blueskymayuri:20190522173520j:plain

私達の次は、子ども達が駆け下りて行きました~

f:id:blueskymayuri:20190522173758j:plain

さあ、もうちょっとでアッパーレイクの終点かな?

あすに

続く

*****

*1:´∀`

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。