Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

キルギス 標高約3800mの世界 神の領域に恐る恐るお邪魔した。

オミシュ山塊ハイキング@クロアチア・登山、ハイキング、そしてグルメの旅9

5日目 4月24日 オミシュ山塊ハイキング&セティーナ川ボートクルーズ

マカルスカから車で1時間ほど戻った場所にあるオミシュという町、海賊の町として有名な町です。

今日はオミシュの登山口(200m)から約600mの稜線迄ハイキング。パンフレットにはハイキングって書いてあるけど、立派なトレッキングです^^  ハイキングとトレッキングの違いは何ぞや???

山頂目指さない時は登山とは言わないのかな・・・ 普通に山歩きでした。笑

どんな花が見れるか楽しみです♪

さあ、出発♪

 

f:id:blueskymayuri:20190529161630j:plain

道の脇にはこんな親しみのある花が咲いてました。

      f:id:blueskymayuri:20190529161720j:plain

イブキジャコウソウの仲間ですね。要するにタイムの仲間ですね。

タイムは、日本の山野に自生するイブキジャコウソウの仲間を含むティムス属(Thymus)の英語名で、300~400種(35種という説もある)があり、園芸品種も多数育成されています。

いつも言われて驚くのは、草のように見えますが、ごく小型の木、低木だという事です。

f:id:blueskymayuri:20190529162224j:plain

ね、登山でしょ?! 最初から登りが続いたのでした~でも、我らシルバー隊はゆっくりゆっくりだから、ほっ!

       f:id:blueskymayuri:20190529162614j:plain

        ? 

       f:id:blueskymayuri:20190529162752j:plain
         ギンランだー

f:id:blueskymayuri:20190529162358j:plain

オレンジ色の屋根の町は上から見るのが素敵。

それにしても、凄い岩山がどこまでも続いています。
 

f:id:blueskymayuri:20190529163358j:plain

kaori嬢の立ち姿はすっと伸びてて綺麗だ!

さすが!

少し登っていると・・・

前の方で、きゃー!という彼女の声!!!

 

      f:id:blueskymayuri:20190529163809j:plain

kaoriさんはキプロスから帰ってすぐにこのツアーの仕事。キプロスでオフリスランを沢山見た話しをしていたばかりだったのです。

「まゆりさーん、今、イワンとオフリスランの話をしてたら、ぎゃー!目の前にオフリスランが!!!!!」
「どこどこ???」 オフリスランは私も前々から見たかった蘭なんです。

初めて見ました、オフリスラン。

オフリスランは、茶色の部分がまるでメスバチそっくりに擬態していて、オスバチがメスバチと錯覚して寄ってくるのです。まさに色仕掛け~~。

それも、姿、形が似ているだけでなく、それぞれの雌バチ特有のフェロモンに似た香りまで発散させているということです。こりゃ、恐れ入った~~。

ここでは、そんなに見事なオフリスランを見ることは出来ませんでしたが、まずは「はじめの一歩♪」

私は、もう、にっこにこ!

この旅のあと、kaoriさんは仕事で南イタリアに。

ある日、「カプリ島で立派なものをみつけてもうた!」というコメントでLINEが届きました!笑

 

       f:id:blueskymayuri:20190529191019j:plain

                             ↑ Kaoriさん撮影

これはよくわかりますね。

まるで蜂だ!!!

オフリスラン豪華版!見てみたいな~

 

f:id:blueskymayuri:20190529191429j:plain

ルリカンザシ 学名:Globularia cordifolia  グローブラリア科

グローブラリア科の植物は日本には無いのだそうです。

スイスでもピレネーでも見れました。色も形も大好きな可愛い花です。小石の多い高山にはえるそうです。まさに石ころだらけでした!

 

f:id:blueskymayuri:20190529193442j:plain

アイゾイデス・ユキノシタ 学名:Saxifraga aizoides  ユキノシタ

群生してました。
 

f:id:blueskymayuri:20190529194736j:plain

      f:id:blueskymayuri:20190529194917j:plain

まだ蕾のものが多かったですが、クワガタソウの仲間だと思うのですが・・・

このクワガタソウはあちこちに沢山咲いてました。

halさんがこれじゃない? と調べてくれました。良く調べられることじゃ!!!

ベロニカ・アウストリアカ 学名:Veronica austriaca でした♪ 咲いている様子はこちら⇒https://www.botanic.jp/plants-ha/veraus.htm

 

少し歩いていると、前の方で、またまたぎゃー!!!のkaoriさんの声!!!

チューリップだぁ~~!!!

彼女大興奮!

キプロスでチューリップが探せなくて、お客さんにチューリップを見せられなくて・・・帰国しても寝れなかったの~という話を、彼女から聞いたばかりだったのです。

こんなところで見れるとは・・・

嬉しそうでした♪

      f:id:blueskymayuri:20190529200644j:plain

ウズベキスタンで見たチューリップと似てます。

私もテンションアップ!!!

原種のチューリップは素朴です。

気が付くと、辺り一面に、花は咲いていないけれど、葉っぱが沢山見られます。チューリップは花が咲くのに、10年以上かかるから・・・今に、この辺りはチューリップの花園になるかも。。。

       f:id:blueskymayuri:20190529201154j:plain

ぎゃー!

またまた奇声だ^^

イワンはその度に蛇かと思うじゃないか!と笑ってました。

こんどはコヤツ^^ 

     f:id:blueskymayuri:20190529201439j:plain

コバイモの仲間。ユリ科

これ彼女の大好きなヤツです!確かに!!!

ここで二人の共同作業。

ちょっと上向いてね。

 

     f:id:blueskymayuri:20190529201524j:plain

中に蜜線のような黒い大きな斑点が・・・網目模様も綺麗です。

f:id:blueskymayuri:20190529201908j:plain

f:id:blueskymayuri:20190529201939j:plain

ムスカリも沢山咲いてます。

     f:id:blueskymayuri:20190529202008j:plain

稜線の一番上を目指して・・・

ここを越えると・・・

あたりの景色は岩山の世界でした。

f:id:blueskymayuri:20190529202108j:plain

 

f:id:blueskymayuri:20190529202233j:plain

黄色い花は、アルピヌス・ミヤコグサ

f:id:blueskymayuri:20190529202426j:plain

学名:Lotus alpinus マメ科

 

f:id:blueskymayuri:20190529202613j:plain

       

f:id:blueskymayuri:20190529202910j:plain

オミシュ山塊の稜線 600m地点到着しました。

向こうには大きなフヴァル島が見えます。

f:id:blueskymayuri:20190529203004j:plain

さあ、ここからは、森の中を抜けて降りていきましょう。

ランチが待ってます~~

今日のランチはタコです!!!イカの次は蛸かいな^^

シーフード、オンパレード!!! いいね、いいね。

降りる参道の脇にはこのマメ科の黄色い花がたくさん。この花をかき分けながら降りて行きました。

f:id:blueskymayuri:20190529203619j:plain

f:id:blueskymayuri:20190529202750j:plain

お!またまたギンラン。

     f:id:blueskymayuri:20190529203704j:plain

お!チドリの仲間。
     

      f:id:blueskymayuri:20190529203812j:plain

可愛い花が次々登場して、楽しいハイキングでした♪

      f:id:blueskymayuri:20190529204004j:plain

世界中どこに行っても咲いててくれる花。

日本で見る花の仲間もたくさん見れて、世界は広いようで、案外狭いかも…なんて思ったクロアチア初の山歩きでした。

f:id:blueskymayuri:20190529204249j:plain

さ、よく歩きました。約4時間、楽しみました♪

じゃ、お腹も空いたしランチに行きましょう。

バスはセティーナ川沿いにあるレストランに向かいました。

 

では

*****

 

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。