Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

キルギス 標高約3800mの世界 神の領域に恐る恐るお邪魔した。

ヴォサッツ(VOSAC)山登頂♪@クロアチア・登山、ハイキング、そしてグルメの旅11

6日目 4月25日

やってきました登山の日。ビオコボ自然公園のVOSAC山に登りました。この辺りでは人気の山だそうです。

1200mの下りと聞くとおののいたけれど、どうにか歩けて、ほっ! 最初はるんるん♪ 最後は皆だんまりでひたすら歩いてました^^

登り口は1300m地点なので、ピークまでは標高差300mで約1時間の登り。

f:id:blueskymayuri:20190531230011j:plain

岩ごろごろをよいさこらさ。

f:id:blueskymayuri:20190531230309j:plain↑ kaoriさんの写真

向こうの塔が建っている山がビオコボ山脈で最高峰だそうです。

少し登ったところで、あれ?こんなところにカタクリが!!!足元に生えている丈の低りネズのような針葉樹の中で顔を出して咲いてました。

     f:id:blueskymayuri:20190531230834j:plain

カタクリ 学名:Erythronium sibiricum ユリ科

まさか、カタクリに出会えるとは思っていませんでした。黄色いかたくりはグレイシャーリリーと言って、カナダで大群生が見られます。でも、日本で見られるカタクリと似ているカタクリが海外で見れるなんて思ってもなかったのです。

調べてみると・・・

ユリ科に属するカタクリ (Erythronium L.)には、ユーラシア大陸の大陸温帯域に4種、北米大陸に20種がある

・日本に分布するのはカタクリ (Erythronium japonicum) のみである。

Erythronium sibiricum  - 中央アジアからシベリアにかけてに分布し、日本のカタクリの花に似ている。

と、ウイキペディアに書いてありました。

f:id:blueskymayuri:20190531233317j:plain↑ kaoriさんの写真

日本で見るチャンスを逃してクロアチアに旅立ったから、見れて嬉しい!

どこで見てもかたくりは可愛いもんだ♪

でもでも、なんとなく洗練されたお洒落なカタクリに見えるのは気のせいかしら?

中心の模様が少し派手だからかな。。。日本のカタクリは真ん中がこんなに白く色が抜けてません。

f:id:blueskymayuri:20190601004424j:plain

ね、お馴染みのカタクリはこんな感じですよね。

 

あの建物がある所がピークです。

もう少しだよ~

f:id:blueskymayuri:20190531234243j:plain

f:id:blueskymayuri:20190531235304j:plain

ちゃんと発音して貰ったら、菩薩山でした~笑 

     f:id:blueskymayuri:20190601000342j:plain

ヴォサッツ山1422m 登頂です。NO189 やったー!!!

f:id:blueskymayuri:20190531235537j:plain

いい眺めだよ~~

       f:id:blueskymayuri:20190531235138j:plain

ガイド3人、愉快なガイド達です♪

あとは下るだけ。。。

じつは今錦織のテニスをやってるので、今日はこの辺で!

勝ちました!錦織!!!凄い試合だった~

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。