Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

今年4月クロアチア・プリトヴィッチェ湖群 何段にも続く湖。そこから溢れる水が何連にもなって流れ落ちる。目の間に広がる青の色は何処までも深く、その美しさは息が止まるほどだった。

素晴らしきかな!谷川岳@ボタラバ登山部

お陰様で、無事に、ボタラバ登山部谷川岳山行を終えることが出来ました。一日目、雷でヒヤリとしましたが、宿を変え、水上温泉も楽しむことが出来、二日目は素晴らしい好天に恵まれ、全員にこにこで山行を終えることが出来ました。

高橋先生、久徳さん、本当に有難うございました。

遠くから応援して下さっていた皆様、本当に有難うございました。

 

f:id:blueskymayuri:20190607212652j:plain

思いもかけず、二日目の朝はこんな広いロビーのある旅館におりました^^

気分新たに前日のリベンジです!

f:id:blueskymayuri:20190607190600j:plain

天神峠展望台9時40分出発 まだ山頂はガスってますが、どんどん晴れてくるはず

私達の登った天神尾根コースは初心者コースとよく書かれていますが、今の時期の谷川岳は肩の小屋手前に雪渓歩きがあったり、蛇紋岩の道やクサリ場も結構あります。

前日も長時間歩いた脚なので、時間かかりそう。

カメラはぐっと我慢して、ひたすら登りました。

なので、途中の写真は飛ばしています。

色々な人の写真もお借りしました。

 

谷川岳の山行風景、お楽しみください♪

     f:id:blueskymayuri:20190607214626j:plain

f:id:blueskymayuri:20190607191803j:plain

歩き始めて、約2時間経過

避難小屋迄は、低山歩きでも経験できる山道が続きますが、避難小屋から先は、蛇紋岩の急登が続きました。ひー、ふー、はー、ふー、(;'∀')

頑張ったー! 弱くなってる自分に苦笑い。

 

天狗の留まり場に到着です。

f:id:blueskymayuri:20190607192544j:plain

ここまで来ると展望が広がり、気持ちいい!

来たね~ 顔が自然に緩んじゃいます♪

f:id:blueskymayuri:20190607192855j:plain

遠くには水上温泉。そして、左にロープウエイの駅が望めます。

f:id:blueskymayuri:20190607193016j:plain

わー、素晴らしい尾根がどこまでも続いています。

いい景色だね~

皆、口々に、いい景色だね~

ここから先は、白く輝く残雪が、感激的な景色を作ってくれていました。
 

     f:id:blueskymayuri:20190607185630j:plain

上に見えるのがまだ残っている雪渓。あそこを横断しなければ、山頂に行けません。

大丈夫かな~~と、面白そうではあるけれど、ちょっと不安。

f:id:blueskymayuri:20190607201320j:plain

天神ザンゲ岩 

ね、皆、ピースじゃなくて懺悔だよ。

罪を悔い改めよ~^^

ははーーーー

f:id:blueskymayuri:20190607213444j:plain

気持ちがこもってるように見えませーん!

 雪渓が迫ってきました!渡っている人が見えます。

f:id:blueskymayuri:20190607201704j:plain

いよいよ、来ました雪渓横断です!

緊張だわー


f:id:blueskymayuri:20190607201946j:plain

f:id:blueskymayuri:20190607214134j:plain

       f:id:blueskymayuri:20190607202400j:plain

イエーイ! じゃございませんことよ! けっこう太ももに来てます、私。今年は体調色々で、山歩きが足りてません。

歩きやすいように、足跡がついていて、

太もももどうにかもってくれました。良かった~

雪渓歩きが終わった瞬間、本当にほっとしました。

これで山頂に立てる!

 

f:id:blueskymayuri:20190607202932j:plain

後ろ、残り半分、慎重に来ています。

もうちょいだよ! 

手なんかあげて、余裕だわ~ やっほー!

f:id:blueskymayuri:20190607203132j:plain

とうとうここまで来たのね~

雪渓を終えたすぐ目の前が肩の小屋でした。

 

f:id:blueskymayuri:20190607203700j:plain

f:id:blueskymayuri:20190607203851j:plain

ここから、トマノ耳までは往復10分程度。

オキノ耳はもう30分。

トマノ耳迄組とオキノ耳組に分かれてそれぞれ出発。

私は残念ながら、時間も押してるし、我慢。

その分、写真撮ったりゆっくりする事に。

ゆっくり時間もけっこう価値ありました。

f:id:blueskymayuri:20190607205315j:plain

残雪が迫力あります! 

雪を抱いた遠くの山々が素晴らしく綺麗。

f:id:blueskymayuri:20190607211352j:plain

山頂到着!!!

f:id:blueskymayuri:20190607215111j:plain

ははは、なんだか、水戸黄門とスケさん、カクさんみたい^^

     f:id:blueskymayuri:20190607205138j:plain

やったー!!! 登頂NO191 谷川岳トマノ耳 

去年の5月27日、下の天神平から眺めた谷川岳。よくあんなところに登る人がいるもんだ!と、別世界の事と思った山頂に、なんと!立ってます。

それもこんなにいいお天気の下。

それもこんなに楽しい山友たちと一緒に!

有難う!と、思わず天を仰ぎ見る! 

全てに感謝あるのみだ~~~

なんだかんだ小さいことなんて吹き飛ぶ景色。

また一回り大きな自分になれるかな。

出来ればなりたいな!!!

360度のこの大パノラマをゆっくり眺めていると、力強いパワーが、じんわり、身体に染み入ってくるような感覚を覚えました。

この感覚を大事にしたい。

    f:id:blueskymayuri:20190607214358j:plain

ミネザクラが咲いてるのをやっとゆっくり写しました。

こんなところで頑張ってるのね。

f:id:blueskymayuri:20190607214528j:plain

黄門さまの後ろ姿にも深い味がある。ような---(^^)

f:id:blueskymayuri:20190607215205j:plain

反対方向を見ると、オキノ耳組が歩いてます。

写真撮ってきてね。

ハクサンイチゲアズマシャクナゲが見たいよ!

    f:id:blueskymayuri:20190607183851j:plainいい写真だ~~ 素晴らしい!

アズマシャクナゲ、いやーん、こんなに素敵だったのね。
    

f:id:blueskymayuri:20190607215318j:plain

 いいね、いいね。

f:id:blueskymayuri:20190607215408j:plain

 f:id:blueskymayuri:20190607215428j:plain

 

f:id:blueskymayuri:20190607215455j:plain

どれも いいね~~~

次はハクサンイチゲシリーズ

     f:id:blueskymayuri:20190607215550j:plain

      f:id:blueskymayuri:20190607215646j:plain

     f:id:blueskymayuri:20190607220055j:plain

 同じハクサンイチゲが撮り方によって色々で面白い♪

あなたはどれが好きですか?

      f:id:blueskymayuri:20190607215814j:plain

ほー、こう来たか! 流れがいいですね~~

 

      f:id:blueskymayuri:20190607220210j:plain

 オキノ耳、登頂おめでとう!!! 

いい思い出になれば、誘った身としては嬉しいな。

ひと月に二個山歩きすれば、お腹が減っこみます!と、高橋先生。

そうですね、少々引き締め始めます。

今度はボタラバ登山部、燧ケ岳です、絶対登るぞ!!!

 

f:id:blueskymayuri:20190607220634j:plain

下山の途中で、振り返って見た谷川岳。 残照に輝いていました。

谷川岳、いい思い出を有難う。

 

f:id:blueskymayuri:20190607184548j:plain

登り終えてにっこにこ

皆、本当に有難う。

この笑顔が大きな大きな力となります。

笑顔最高!!!

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。