Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

キルギス 標高約3800mの世界 神の領域に恐る恐るお邪魔した。

コドノプシス@キルギス・雪どけの花の旅11

久しぶりにキルギスです♪

どんどん続けますから、期待してて下さいね!

まだ、旅一日目ですものね。

ロッジに着く手前で、こんな花を見ました。

日本でよく見るツルニンジンの仲間です。

ツルニンジンについては、昔のブログをどうぞ。もう8年も前になるのですね。これまた高橋修先生のボタハイで、箱根に行った時、一人ずっと待たされて、暇だから散歩してて見つけたツルニンジンの記事です。⇒http://sin-yokosketch2.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-0aff.html

 

キルギスで見たツルニンジンの仲間は、ツルニンジンよりもすっきり綺麗な顔立ちでした。ガクが細長く反り返ってます。

                  f:id:blueskymayuri:20190711091130j:plain

小川のそばでたくさん咲いてました。

f:id:blueskymayuri:20190711092605j:plain

ツルニンジンと違って、こちらは蔓にはなってなくて、すーっと立っています。

     f:id:blueskymayuri:20190711094341j:plain

コドノプシス・クレマティデア

学名:Codonopsis clematidea  キキョウ科 

原産地:アフガニスタン~ヒマラヤ西部

花期:7~8月 背丈:30~60㎝ 花は直径約2cm

亜高山帯の草原に見られる多年草

Codonopsis clematidea

Campanulaceae - Campanuloideae
Codonopsis clematidea (Clarke 1881)
Native to Central Asia

 

     f:id:blueskymayuri:20190711094834j:plain

蕾は最初ちょっと丸っこくて、だんだん長細くなっているようでした。

だんだん伸びていくのね~

     f:id:blueskymayuri:20190711094913j:plain

     

       f:id:blueskymayuri:20190711101245j:plain

ちょっと離れた場所で・・・

別の種類も。

少し薄紫がかっていて、綺麗。
      

      f:id:blueskymayuri:20190711105134j:plain

                     

      f:id:blueskymayuri:20190711105412j:plain

行きますよ~と言われて、花の中を覗く暇なし。。。

この子の存在に気付くのが遅かった。。。

     f:id:blueskymayuri:20190711105530j:plain

Aquilegia vicaria

Ranunculaceae - Isopyroideae - Isopyreae - Isopyrineae
Aquilegia vicaria (Nevski 1937)
Native to Kyrgyzstan

近くに、こんなオダマキの仲間も。

オダマキって、何て美形なの~~

f:id:blueskymayuri:20190711112742j:plain

こんな感じの草原で戯れて・・・

f:id:blueskymayuri:20190711112845j:plain

心は満たされ・・・^^

 

さあ、ロッジに向かいました。

このロッジの一番の記憶はサブかった~~ということ。

山の中の一軒家ならぬ、一軒ロッジ。周りにはなーんにもありません。

チトカン川のほとりにある宿。

 

そうひどくはないけれど、この旅で一番粗末な宿でした。シーツも綺麗だし、ちゃんと寝れるから問題ないのだけれど(もっとひどい宿が、頭にいろいろ浮かんでくるしねー苦笑)、寒くて、夜中4回も起きてトイレに行ったのでした。暖まろうと、湯沸かしポットでお湯を沸かして、必死でお湯をススッた良き思い出です♪ お湯の有り難さが身に染みる。。。^^
夏はきっといいでしょうね。

 

f:id:blueskymayuri:20190711110727j:plain

建物の左側の窓が私の部屋。

夜中じゅう、ごうごうというこの激流の音がして、窓一枚だから隙間風なのか、とっても寒かったのでした。

ストーブないし・・・もう、そんな季節では無くて、燃料が確保してないらしい。

仕方ない。。。

ありったけ着て寝たからOKです。

f:id:blueskymayuri:20190711111104j:plain

                            f:id:blueskymayuri:20190711111315j:plain

ご飯はこんなメニュー。

f:id:blueskymayuri:20190711113702j:plain

パンが懐かしい!

f:id:blueskymayuri:20190711113736j:plain

この旅で、唯一、魚の日でした。

とにかく、寒かったから、すべて印象が薄いです。

ここに、温かいストーブが一つあれば、もうそれで、印象は全く違ったものになってたでしょうに。。。

でもでも次の日、その寒さで雪が舞い、素敵な景色も見れたのでした。

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。