Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

キルギス 標高約3800mの世界 神の領域に恐る恐るお邪魔した。

登頂成功!!!@燧ヶ岳&尾瀬沼4

ミノブチ岳をあとにして、三角点のある爼嵓(まないたぐら)(2346m)をめざしました。右前に見えるのが爼嵓(まないたぐら)

f:id:blueskymayuri:20190808195839j:plain

道の両脇に花が沢山咲いてます。この時、まだ星さんに荷物を持って貰っているので、超楽ちん!超余裕! こんなこと言っていいのかい? やっと花を写す余裕がでました。なので、もうちょっとごめんなさい、星さん。

辺り一面シャクナゲですが、ほとんんど終わりかな?!

     f:id:blueskymayuri:20190808200136j:plain

マルバダケブキが少しずつ咲き始めていました。これからが楽しみ♪ まっ黄色の世界に変わることでしょう。

     f:id:blueskymayuri:20190808200234j:plain

オオバミゾホオズキもこの辺りでかなり見られました。

わ! 終わりかけてはいるものの、女王の風格たっぷりのキヌガサソウが!

     f:id:blueskymayuri:20190808200437j:plain

f:id:blueskymayuri:20190808200545j:plain

ハナニガナもたくさん咲いてます。

振り返ると、さっきいたミノブチ岳が見えてます。いい展望です!ちょうど禿げた頭のようなお姿なのでよく分かる^^ 

展望が開けると、とたんに元気が出ますね!

気持ちいいなぁ!!!

f:id:blueskymayuri:20190808200853j:plain

さあ、いよいよ、岩の急登が始まりました。

花の写真も写したし、星さん!調子戻ったからザック大丈夫!と、また頑張ってザックを背負って、頂上まで最後の登りです。

 

f:id:blueskymayuri:20190808201312j:plain

上を見上げると、元気いい組が頑張って歩いてます。歩いてるじゃなくて、登ってるです。 真面目に岩登りです。

お!絵になるハナニガナが!

嬉しくなって、パチリ

     f:id:blueskymayuri:20190808201520j:plain

ハナニガナってこんな高所にも生えるんですね。

初めて知りました。

f:id:blueskymayuri:20190808205542j:plain

ミヤマアキノキリンソウ

 

左を見れば、尾瀬ヶ原が遠くに広がってます。向こうに見えるのは至仏山ですね。

f:id:blueskymayuri:20190808201619j:plain

この辺りのハクサンシャクナゲはまだ少し咲いてました。

     f:id:blueskymayuri:20190808201819j:plain

ハクサンシャクナゲアズマシャクナゲと似ていますが、花期が遅く、夏(7月上旬から下旬)に咲きます。一番の見分け方は花弁に薄緑色のそばかすのような点々があることです。

それと、色が薄いですね。

 

f:id:blueskymayuri:20190808202336j:plain

一歩一歩、足元を注意しながら、岩を登り、やっとこさ、三角点のある爼嵓(まないたぐら)に着きました。

onoderaさんもしんどそうだったけれど、登れて良かったぁ!!!

万歳\(^o^)/

眼下には尾瀬沼の沼尻がちょうど見えてます。尾瀬沼組はどの辺を歩いているんでしょう?

やったーー!!!

本当にやったーー!!!

皆よく頑張りました!!!

凄いよ!皆!!!

 

f:id:blueskymayuri:20190808203651j:plain

登頂NO193 燧ヶ岳 俎嵓 2346m 本当にやった~~!!

時間がないので、ゆっくりする時間もなく、目の前に聳える燧ヶ岳、最高峰(西峰)である柴安嵓(しばやすぐら)2356mに向かいます。

 

f:id:blueskymayuri:20190808202926j:plain

マイペースで歩きました。なんか変でした、この日は。頭と身体が一体化できない。貧血気味な感じ。。。なので、とにかく焦らず、慎重に!そればかり考えてました。

こんな日もあるんでしょうね。こんな日はこんな日の登山を!と、自分に言い聞かせてました。

焦らない、慎重に、慎重に!

最後の岩を乗り越えて、

嬉しい~~!!! 

登頂出来ました!!!

登頂NO194 燧ヶ岳山頂 2356m とうとう来ました燧ヶ岳山頂!

f:id:blueskymayuri:20190808204708j:plain

ぐははは、見てよ! 尾瀬ヶ原だよ~~

f:id:blueskymayuri:20190808204737j:plain

8年前、あそこを歩いた時、まさかここに立つ日が来るなんて、思いもしなかった。ちらっとも思わなかった!!!

別世界の人達のやることと思ってました。

人生って面白い!!! 

また、前向いてこつこつ生きよう~~

絶対 いい日が来る!!!

歳は取ったけど、中身が変わったよ~

少しは豊かになれたよ

しんどくても焦点はいつも自分にね!

そうしたら、絶対笑顔の日がやって来る!

 

f:id:blueskymayuri:20190808205847j:plain

ボタラバ登山部 一番のホープMさん。一人余裕で尾瀬沼を見つめていました。

色々思い出してたのかな? 

後の感想で、尾瀬ヶ原尾瀬沼が小さくなった印象を受けたと言ってました。

きっと、Mさん、あなたが大きくなったんじゃない??^^

お握りを食べて、羊羹を頬張り、あとは、ひたすらひたすら下りました。

容易ではない下りでした。

岩ごろごろ。

途中、

f:id:blueskymayuri:20190808210302j:plain

キンコウカの咲く熊沢田代で癒され、また急な下り、その次は広沢田代で癒され、最後まで、気の抜けない下りが続きました。

しんどかった~~

 

f:id:blueskymayuri:20190808210757j:plain

頭はド疲れ!!!

身体もド疲れ!!!

でも、疲れた顔も最後はにっこにこ。

f:id:blueskymayuri:20190808211143j:plain

全員無事で下山出来て、本当に良かったです。

一緒に歩いてくれる人がいるから、こんな経験も出来ます。

本当に有難いです。

f:id:blueskymayuri:20190808211225j:plain

どひゃー、しんどかったねー

頑張ったね!

今度は、その言葉をどこで言い合ってるのかな?

 

f:id:blueskymayuri:20190808211530j:plain

御池到着の瞬間

星さん、有難うございました~~~!!!

 

f:id:blueskymayuri:20190808194859j:plain

朝、出発の時の尾瀬沼ハイキンググループと燧ヶ岳登山グループで一枚パチリ


f:id:blueskymayuri:20190808211705j:plain

尾瀬沼グループも尾瀬沼一周を花を見ながら、ゆっくりゆっくり散歩できたと大満足した様子。

 

f:id:blueskymayuri:20190808212139j:plain

良かったです♪

御池で合流して、アストリアホテルに向かいました。

祝杯をあげましょう。

祝いじゃ祝いじゃ!!!

そうそう、これが咲いてると聞いてたから、歩けたのも事実。

この日の女王、キヌガサソウです。

下りの雪渓横の斜面に咲いてました。

f:id:blueskymayuri:20190808221329j:plain

ここはまだ春ですね。

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。