Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

100年前の東京と自然 プラントハンター・ウイルソンの写真から@科学博物館

7月2日に行うボタラバティータイムで、舘林正也さんに「ウイルソンの夢を追いかけて」と題して、キューガーデンの恩師の方と共にウイルソンの足跡を辿って、北海道から屋久島まで旅をしたお話をして頂きます。

ボタラバティータイムはまだまだ参加者募集中です。

どなたでも参加可能です。お申込みお待ちしています。

詳細はこちら↓

botaniclovers.hatenablog.com


ティータイムに先立って、こんな催しは如何ですか?

6月16日まで、上野の国立科学博物館

「100年前の東京と自然 プラントハンター・ウイルソンの写真から」

という企画展が開かれています。

何てタイムリーなことでしょう!!!

ぜひ、いらしてみて下さい。

 

 

www.kahaku.go.jp

【日本館地下1階多目的室】100年前の東京と自然

ウィルソンが東京ならびに周辺で撮影した数々のサクラ、イチョウ、フジなどの植物や風景写真を展示します。現存するものもあれば、失われてしまったものも多くあります。100年前の写真と同じアングルから撮影した現地の写真、ウィルソンの人物像やサクラの研究についても紹介します。

【地球館1階オープンスペース】ウィルソンが見た鹿児島・沖縄

屋久島のウィルソン株や屋久杉の太古の森、鹿児島に残るクスノキの巨樹、大正大噴火直後の桜島、今は米軍基地の一部となった沖縄のリュウキュウマツ並木など、鹿児島や沖縄でウィルソンが撮影した写真と、現代の写真を展示します。

ウィルソンとは?

アーネスト・ヘンリー・ウィルソン(1876~1930)。中国奥地からハンカチノキやリーガルリリーをイギリスに持ち帰ったことでも知られます。中国、日本、樺太、台湾、朝鮮半島などを探検し、野生種と園芸植物も多数欧米に紹介しました。16歳でバーミンガム植物園の庭師見習いになり、21歳でキュー王位植物園に採用され、のちにアメリカのアーノルド樹木園の園長を務めました。

 

f:id:blueskymayuri:20190517215952j:plain

花壇の花は今こんな感じ♪

今年も大好きなジギタリスが伸びてきました。超嬉しい!

      f:id:blueskymayuri:20190517220110j:plain

明日は珍しく結婚式に出席してきます。

なので、ブログはお休みします。

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。