Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

ラナンキュラス・ラックスを観察しよう1

f:id:blueskymayuri:20200204215624j:plain

有志による庭の会から、ひかるガーデンズさんに維持管理が移ったマンションの花壇。お陰様で綺麗に保たれていて、とても華やかな花壇になっています。

これで安心。

私も嬉しいです♪

この間、ちょうど、お世話になっている「ひかるガーデンズ」のTさんが花壇の手入れをされているところに出会いました。

ちょうど聞いてみたかった花があったので、いいチャンス!

さっそく、聞いてみたのは、下の大きな葉っぱの株。

 

f:id:blueskymayuri:20200204220331j:plain

「これがずっと気になっているんですが、何て言う花ですか?」

と質問してみると、

ラナンキュラス・ラックス」って言うんですよ。

ええーー!!! 嬉しい!!!

「これがラナンキュラス・ラックスですかぁ。

友達から名前を聞いたばっかりで、育ててみたかったんです。嬉しいです♪」

Tさんいわく、うちは変な苗は植えませんから~ 確かに、この苗、いいお値段するはずです。

感謝です。有難うございます。お世話になります。

 

じつは

この花の名前はちょうど、新年会の時に、aokiさんからいい花なのよ~と話を聞いたばかりでとても気になっていた花なんです。

 

    f:id:blueskymayuri:20200204220937j:plain

ここの後ろの方にも4株植わっています。

ラナンキュラスは寒さに弱いから、鉢植えなどで温かい場所に置かないと、育たないとばかり思っていました。

でも、ラナンキュラス・ラックスは地植えでも育つことでも人気な新品種らしく、色々なラックスがあるようです。一種類かと思ってたら、色々あるんですね。

これから、追って写真を写していくので、どんな風に育つか一緒に見て頂ければ嬉しいです。

一株にかなりの数の花を咲かせるのだそうです。楽しみ!

 

ラナンキュラス・ラックスを調べてみると

宮崎県の「綾園芸」草野修一氏が作出した庭植え可能な新しいラナンキュラスです。ワックスをかけたように花弁がピカピカと光ることから、ラナンキュラスとワックスを合わせて「ラックス」という名がつけられました。草野さんは、これまでにも切り花用にユニークなラナンキュラスを数多く作出し、国内外でたくさんの賞を受賞してきました。

とあります。

詳しくは↓gardenstory.jp

とっても楽しみです。

このピンクだといいなぁ。

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。