Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

紫竹のおばあちゃま有難う

山籠りしてました。

貴重な時間でした。 

f:id:blueskymayuri:20210506074233j:plain


その事は又として

色んな時に力を頂いていた北海道「紫竹ガーデン」の紫竹のおばあちゃんがあの世に旅立たれました。94歳。老衰。

きっと、今でも何処かの花園でにっこりされているかな?

f:id:blueskymayuri:20210506074635j:plain

上の写真は紫竹ガーデンのFBから使わせて頂いています。上野ファームの上野砂由紀さんと

下は以前訪れた時に見送って下さった紫竹さん

Img_3955

Img_3954

凄いパッション!!!

そうだ、以前のブログをコピペします。

おばあちゃまの元気をぜひ頂いてください。

2012年8月20日 (月)

紫竹ガーデン@北海道ガーデンめぐり 11

 

北海道ガーデンめぐり、3日目最終日になりました。最終日は、4つの素敵なお庭を訪れました♪時はさかのぼり、7月4日のことです。

まずは、帯広にある紫竹ガーデンです。

北海道のガーデナーとして人気の双璧をなすのは、若手の上野砂由紀さん、そして先輩者の紫竹照葉さんでしょう。今年、86歳!パワフルな名物おばあちゃん。昔風に表現すればハイカラなおばあちゃんそのものです

まずは、一昨日、後ろ姿で見て頂いたおばあちゃんですが、

いよーっ!登場して頂きましょう♪

Img_3770
 

いい笑顔ですね♪

Img_3767

でも、一言でいえば、派手~~! ど派手~~!!! きっと何もしゃべらず、ただその姿を見るとすれば、とにっかく、派手というしかないかもしれません! ただ、不思議なことに、紫竹さんがしゃべると、可愛い、明るい、パワフル、その魅力は誰をも引き付ける不思議な魅力があります。憎めない・・・そんな感じの存在かしら。何も知らず、勝手なことを言っております

Img_3776 Img_3784_2

それにしても人気者!周りには人だかりが凄い!クラブツーリズムの花倶楽部のツアーはもちろん紫竹さんの案内つきです♪

といっても、私は途中から離れて、花の写真を撮ってましたがね・・・・・

Img_3929001 Img_3938001

ご主人に先立たれ、悲しみの中から始まったのが、このお庭作りです。

確かなことは、この方も大きな役割を持った人なんだな~と、いうこと。みんなそれぞれ役割を持って生まれてくるんでしょうが、それをちゃんと実現出来ている人はやはり凄いです。

Img_3782

ご自慢のボーダーガーデン

Img_3864

私みたいなのがいますね~~皆カメラ好きそう~~!

上野ファームのボーダーガーデンには高さがあったけど、ここのはだんだんの高さがないのが違うところかな・・・

今は、お嬢様のご主人がガーデニングの主な部分はやっていらして、バスガイドのKさんもこの義息さんは素晴らしい植物の知識だとおっしゃってました。肝心な部分は義息さんが担って続いているのですね。

それにしてもこの広さの庭を、素敵に維持するのは大変なことでしょう。

Img_3908001
パレットガーデン

Img_3883001

Img_3894001

なんせ、18000坪、2000種です。

正直、花が多くて、落ち着かなくて、私は「木陰の庭」というところで、デージーを写しているのが性に合ってました。

Img_3919

Img_3917

なんだか、この広い芝生のお庭が好きでした。

ここで、のんびりしてたら、あらー、もう時間!

最後まで、紫竹のおばあちゃまはおもてなしの精神旺盛で、バスの中までいらして挨拶して下さり、投げキッスでお見送りしてくださいましたぁ!

Img_3952

みなさん、その若さは凄いですね!そのパワーを下さい!と、よく言われるけど、そういう時、私はこう言うの!嫌よ!!!って

みなさん、またお会いしましょう

Img_3955 Img_3954

花より輝いていた紫竹のおばあちゃまでしたぁ

いつまでも、この勢いで突っ走って下さい

 

では

*******

 初めてお会いしたのはいつだったか、北海道のガーデンの講演会が東京で開かれた時に、廊下ですれ違ったおばあちゃまのオーラが凄かったのです。この人だあれ?と、とっさにお姿を眺めたのを思い出します。
60歳からご主人が亡くなられてから、土地を開くところから始めて、あそこまで輝くガーデンを作られた紫竹のおばあちゃま、有難う。

お会いできたことに感謝です。何か困難に出会ったとき、よくおばあちゃまのパワーを思い起こしてました。ついこの間もマンションの庭のことを考えた時に思い出したのはおばあちゃまでした。

本当に有難うございました。

shichikugarden.com

 

botaniclovers1.cocolog-nifty.com 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。