Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山形県 百名山「鳥海山」8月4-5日

ピンク・ピンク・ピンクを楽しんだ不忘山@花の東北3座巡り 3

6月14~18日まで4泊5日で東北、花の3座を楽しんできました。

ボタラバ(ボタニックラバーズ)企画です♪ 

帰りの新幹線でハルさんが言ってました。遊び倒した~~!!! あはは、ホントに山、花、食、寺、大満喫しましたぁ。またまた思い出深い楽しい旅となりました。参加の皆様、ガイドのkaoriさん、有難うございました。

1.白石蔵王駅~白石観光~鎌先温泉(みちのく庵泊)
2.不忘山~栗駒荘泊
3.栗駒山~東成瀬町・ペンションきのこ舎泊
4.焼石岳~焼石クアパークひめかゆ泊
5.みちのくあじさい園~中尊寺毛越寺金鶏山~一関駅

いっぱい書きたいのですが、この頃押せ押せモードなの。苦笑。時間が足りない~~苦笑!頑張って書きます!!!

この頃、体力不足で山歩きの時はスマホしか持っていけない状態です。スマホで写した写真は、このブログに未対応のファイルなので、いちいち変換して、PCに保存し直さないといけないのです。時間かかるのですよ~と、ちらっと言い訳。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

さあ、まずは話題は山ですね!

f:id:blueskymayuri:20210622061147j:plain

6月15日(月)まずは不忘山に登ってきました。

みちのく庵で女将や若女将にお見送りして頂き、いってきまーす!!! ゆったりオートマモードから、マニュアルにギアチェンジです!さあ、エンジン吹かしますよ!!!底力だして頑張ろう!

初日なので、足慣らし。車で20分の白石スキー場からの気楽な往復コース。勝手にそう思ってました。だってだって、kaoriガイドさまがそう仰ったのよ~ ええ~?

f:id:blueskymayuri:20210622061628j:plain

この時点でお空は青くて晴れ。

めっちゃ暑くて、夏真っ盛り気分での出発となりました。

嬉しいことに、ガイドのニイケンさんとあんぽ柿でお馴染みtoshikoさんも合流。お久しぶり~、こんにちは♪ 宜しくです!

しかし、今見ると、この看板の下の言葉。「無理せず引き返すことも勇気です。」がやけに目に付くわ~~苦笑! え? 引き返したの? ま、気にせず読み進めて下さいませー
 f:id:blueskymayuri:20210622062351j:plainきっとオニアザミ
スキー場の草原に沢山ニョキニョキと生えてました。茎の高さは50~100cm。葉は長さ35~65cm。茎葉は基部を抱き、鋸歯は先が鋭く尖り、長い刺針がある。花は紅紫色で、径約4cmと大型で、茎頂のものは2∼3個が接して付き、横向きに咲く。という特徴にぴったり。

    f:id:blueskymayuri:20210622065808j:plain

今思い起こせば、この日はピンクの日。ピンクって、色々あるんだね~を楽しんできました。アザミからピンク系の花のはじまり、はじまり~!

そして、今回の山行で一番出会ったのは、タニウツギかな・・・去年の雄国沼以来です。懐かしい。

 

   f:id:blueskymayuri:20210622062628j:plain

のちにペンションきのこ舎のオーナーに教えて頂きました。

タニウツギは手を入れた明るい場所に生えるんだよ。 道路脇とか多いでしょ?!だから道に迷ったら、目立つピンクのタニウツギを探して、その方に歩くといいんだよ。へー、へー、へー。 

だけど、東北では、忌み嫌われる花でもあるんだよ、それは幹があの世への杖として、棺に入れられる習慣があるから、と教えて頂きました。

 

    f:id:blueskymayuri:20210622071754j:plain

少し進むと、足元に沢山のピンクの可愛い花が落ちています。

これなあに? kayoさんからの質問。

    f:id:blueskymayuri:20210622071832j:plain

よく見ると、花びらに可愛いピンクの筋が入っています。

サラサドウダンだね。可愛い!!!

いやー、沢山見ました。サラサドウダン!色とりどり~!!! 濃いも薄いも皆サラサ~~~ 堪能しましたピンクの奥深い世界。

f:id:blueskymayuri:20210622074113j:plain

多色オンパレード!時にはトンネル^^

    f:id:blueskymayuri:20210622074434j:plain

楽しみました! 

皆さまも多色の世界をご覧あれ~!と言いたいのですが、この辺りからポツッ、ポツッと。そうです。雨。。。
そして、ずっとずっと登り。

だんだん写真どころではなくなり、後ろのkaoriさまに、これ、あれ!と写真はお願いする事に。

f:id:blueskymayuri:20210622072742j:plain

そのうち、kaoriさんも写真どころじゃないほどの雨~~

 

f:id:blueskymayuri:20210622073223j:plain

f:id:blueskymayuri:20210622073311j:plain

あはは、そのうち、いやーな雷様

あちゃー

様子を見ながら登り進めました。

止んだよ、また降り出した。お!また雷かい?

雷は遠そうなので、どうにか進みます。

 

f:id:blueskymayuri:20210622073555j:plain

お!またピンク。

ウラジロヨウラクです。

上はガクウラジロヨウラク
下はウラジロヨウラク。違いはよーく見てみて下さい。

あるのとないのと。ガクがね!

f:id:blueskymayuri:20210622073725j:plain

花の色の違いはこれまた様々です。

f:id:blueskymayuri:20210622085704j:plain

ずっと登りなので、ひーふーはーふー

f:id:blueskymayuri:20210622091515j:plain

kayoさんも頑張ってたぁ。久しぶりの山だもんね、kayoさん、足が上がらないの~!と言いつつ、かえる岩まで到着したじゃん。

あと300mだよー

と、いうところで雷がどうも嫌な感じです。

f:id:blueskymayuri:20210622091623j:plain

仕方ないです。無理は禁物。危ないことは避けます。

かえる岩は、帰る岩となっちゃいました。

雷がこっちに来る前に降りましょう。

f:id:blueskymayuri:20210622091657j:plain(訂正:上の右下 コバノギボウシコバイケイソウです。眠い頭で書いてしまった・・・苦笑)

アハハ、最後は見事にびっしょり。。。久しぶりにびっしょり。たまにはいいか!

でもでも、絶対リベンジ!

来年は刈田岳の方から縦走しましょう!!!

ね、kaoriさん。

去年、蛤山から眺めた不忘山。縁が無いわきゃない。

と、心に誓いつつ、

駐車場で着替えを済ませ、北上します栗原へ。

われらのVOXYはくりこま荘へと向かったのでした。

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。