Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山梨県 富岳秀麗十二景二番、 日本一名前の長い山「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」10月11日

下ります!@鳥海山14

f:id:blueskymayuri:20210829205734j:plain

さあ下山です。
上の地図のブルーのラインで下っていきました。今振り返ると、とても素晴らしいコースでした。登ってきたコースとまた全然違う顔をした鳥海山を楽しめました。

途中の幸治郎沢では岩登りに苦労しましたが、それ以外はそれほどの難かしさもなく楽しく歩く事が出来ます。ここはスイス?なんていいう声も上がりました。ツールドモンブランを思い出すね~なんて声も。行ったことないよ~ 行きたいよ~

さて、下ります。
御室小屋を6時出発

f:id:blueskymayuri:20210829195758j:plain

左に外輪山を見ながら、ひたすらひたすらU字カールの中の道を日本海を見下ろしながら下りていきます。

f:id:blueskymayuri:20210829211043j:plain

シラネニンジンやチョウカイアザミが沢山咲いてます。

f:id:blueskymayuri:20210829211252j:plain今日もいい天気。

鉾立の方から登るコースだと、ここを登ってここを下りてくるのね。それもいいけど、八丁坂やアザミ坂の方が花が多かったな。湯の台コースを選んでもらってはっぴぃ♪♪♪なんて、満足に思いながら歩いてました。

それにしても、ゆったりしてて雄大な景色ですこと!

f:id:blueskymayuri:20210829200019j:plain

この辺で雪渓を歩きたい人と安全な道を歩きたい人と別れて歩きました。

f:id:blueskymayuri:20210829220809j:plain

暫しのおさらば~~

f:id:blueskymayuri:20210829195925j:plain

私は雪渓の上側の道を花を写しながらゆっくりとてくてく。雪渓歩きの面々は写真撮ったりしながら楽しそうに歩いてます。それを見ながら、こちらは花に埋もれて歩くのもいいものでした。花をゆっくりと撮りたかったの。でもあんまり珍しい花は咲いてなかったけど・・・でも楽しい!

f:id:blueskymayuri:20210829220236j:plain

ヤッホー!!!

f:id:blueskymayuri:20210829200131j:plain

合流地点に辿り着いてみると・・・

雪渓を歩いた人達、皆おかしくなってました!!笑 

いいね、いいね。この雪の感触は忘れられないでしょうね。

 

f:id:blueskymayuri:20210829213438j:plain

f:id:blueskymayuri:20210829221027j:plain

最後の最後の雪渓トラバース。千蛇谷雪渓。

f:id:blueskymayuri:20210829220432j:plain

f:id:blueskymayuri:20210829220450j:plain

ここを横切り・・・目の前にある傾斜を登れば・・・この谷を抜けて、外輪山の反対側に行けます。

f:id:blueskymayuri:20210829221342j:plain

後ろを振り返れば・・・

    f:id:blueskymayuri:20210829221457j:plain

おおー、雄大じゃぁ~ 歩いてきた道が新山の方にまで続いてます。あそこを歩いてきたのね。雪渓をトラバース中の人も見える。

    f:id:blueskymayuri:20210829221801j:plain
あざみ坂夫婦。夫婦の契り・・・?!

f:id:blueskymayuri:20210829221907j:plain(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

坂を上りきると外輪・千蛇谷分岐・・・現れたのはこの景色。
ほーー! 

景色がガラリと一変して、思わずため息。

f:id:blueskymayuri:20210829222143j:plain
この辺りで下から上がってくる人とすれ違うようになってきました。

鉾立から登って日帰りするという行程が多くの人の登るパターン。私達がこの広がる景色に感動したのと反対に、雪渓と新山を目にして、皆、ほーー!凄い!雪渓を渡れるの~などと感動の声を上げてました。

私達は名残惜しいけど、新山の火山の世界とはお別れ。

f:id:blueskymayuri:20210829222956j:plain気をつけてね。
ここを過ぎると暫くは歩きやすいみたい。

f:id:blueskymayuri:20210829223552j:plain

     f:id:blueskymayuri:20210829223706j:plain  

                  f:id:blueskymayuri:20210831085046j:plain

少し歩くと七五掛(しめかけ)に到着。
なだらかな山が続いてて。。。るんるん

f:id:blueskymayuri:20210829224203j:plain

ハクサンシャジンが沢山現れ始めました。
鳥海の顔はハクサンシャジンだなぁ。

f:id:blueskymayuri:20210829224558j:plain

花も増えてきた。るんるん♪ 目の前の頂に向かって階段がずーーと続いています。あそこ登るの? ううん、私達は左側に見える道を行きまーす!

ほ!!!笑

では続く

****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。