Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山梨県 富岳秀麗十二景二番、 日本一名前の長い山「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」10月11日

スイスみたい!@鳥海山15

f:id:blueskymayuri:20210830173822j:plain

素晴らしい景色が広がり始めました。

なんかスイスに似てない? 
ツールドモンブランを思い出すね!(私は行ったことないけど、そばでTさんとkaoriさんが言ってました。)
遠い存在となってしまった海外の景色が思い出される。きのう久しぶりに日本橋トラベラーズクラブのS社長さんと電話で話しました。セイシェルにツアー出すそうです。おー、私の行きたいセイシェル!参加したいけど、私は〇〇チン打ってないから駄目・・・。出来れば何でも応援したい!ホントに旅行会社頑張って欲しい!「潰すわけにはいかないです!ガンバリます!!!」って、言ってらっしゃった!さすが、S社長!ホントにホントに頑張って下さい!

日本橋トラベラーズクラブ→日本橋トラベラーズクラブ | まごころこめた手づくりの旅、テーマ性、こだわりのある旅行内容。世界各国、地域を限定することない独自の企画。秘境・辺境旅行も多数あります。 (travellers.co.jp)

と、話は逸れたけど

鳥海山で一番心奪われた景色!に戻ります^^ 想像なんて遥かに越えた地球の歴史を感じるよ。

 

f:id:blueskymayuri:20210830173926j:plain

f:id:blueskymayuri:20210830174548j:plain
ニッコウキスゲを見るとホッとする。

東北以外じゃ減ってしまったもん。

f:id:blueskymayuri:20210830174034j:plain

この辺りで新山とお別れ

f:id:blueskymayuri:20210901080912j:plain

また来るね!

わー、崖の上にウサギギクが可愛く咲いてます。

f:id:blueskymayuri:20210830174135j:plain
葉っぱがウサギの耳に似ている?のでウサギギク。
似ているようで似てないけどね^^

ウサギギク
学名:Arnica unalaschcensis Less. var. tschonoskyi (Iljin) Kitam. et Hara
キク科ウサギギク属

分布:北海道、本州(高山帯)、千島列島、アリューシャン列島
茎:直立して分岐しない、高さは20-30cm。
葉:対生でへら形、鋸歯あり。
黄色い花を一輪つける。
花期:7-8月
高山の礫地や乾いた草地に生える高山植物

結構見れるようで見れないウサギギク。
見れると、思わず心がぴょんぴょん!!!
キクはシンプルで可愛いな。

 

f:id:blueskymayuri:20210901104647j:plain

真ん中ずーっと道が続いてます。

あそこを歩くのね。まだ先は長そう。

 

f:id:blueskymayuri:20210901130834j:plain↑この辺りで見た花、色々。

この辺りで9時45分ごろ あと一体どのくらい? あはは、結果を知ってるから笑っちゃう。よく歩いた、歩いた! 

少し寄り道で、鳥海湖が見える場所にいきました。

やはり見たい。

f:id:blueskymayuri:20210830174223j:plain

f:id:blueskymayuri:20210901132400j:plain

向こう側に御浜小屋が見える。

鉾立コースだとあの御浜小屋へ向こうの青空の方から登ってくるんですよね。そしてあの尾根を右の方へ。

私達は真反対の方へ下りていきます。ここからはほとんど人に会いませんから、貸し切りです~ わぉ!鳥海山貸し切りコース、いいね!いいね!

10時のおやつを食べて出発。

f:id:blueskymayuri:20210901135835j:plain

緑のコースを歩きます。

鳥海湖を元気に出発したけれど、、、だんだん暑くなってくる。。。

f:id:blueskymayuri:20210901140145j:plain

広い草原をハイジのようにルンルン歩きのはずだったんだけど・・・あづ!!!あづくて、あづくて、たまんねぇーーー

この辺りの川は見事に干からびてて・・・水分~水分~、水の貴重さ学びます!ひたすら願うは、ガスってくれること。ガスこっちに来てくれ~~!!!

では

***** 

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。