Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山梨県 富岳秀麗十二景二番、 日本一名前の長い山「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」10月11日

チリ・アルゼンチン ロゼットビオラの花旅20 2013.12

2014年2月13日 (木)の記事です。
花の谷でのもう一つのビオラ@ロゼットビオラの旅20

1img_4463
Valeriana fonkii (白花・カノコソウの仲間) 

花の谷でもう一つビオラを見ました。

ロゼットビオラではないけど、これもまたとっても珍しいビオラ

             Viola fluehmanni  ヴィオラビオラ)・フルーマン

典型的なブッシュビオラだそうです。木性の次はブッシュビオラ!!!日本で育って、凝り固まった頭には???がいっぱい^^

世界中にはいろんなビオラがあるんですね。

細い針葉樹の葉で、枝の先に花を咲かせます。面白い!

     

背丈は10cmあるかないかぐらいで、かなり広い範囲で密集して咲いていて、気をつけて歩かなくてはつい踏んづけちゃいます。

     

この子もなかなかの可愛さでしょ~?!

     

アップしてやりましょう。

デカ過ぎ???笑

     
皆は花いっぱいの谷をどんどん登って行きます。

私は最後をえっさほらさ、ほいさっさ。

あー、しんどー

でも綺麗。

     1img_4451002

黄色い半球状の花はQuinchamalium chilense

たくさん咲いてて目立ってました。

黄色は谷のエネルギーを高めてますね。

エネルギッシュでGood!!!

Quinchamalium chilense

皆どんどん登って行って・・・

私はかなりへとへと・・・ 一歩一歩、かなり必死になってきました。

あそこを越えると・・・

何が???何があるの???

苦しくなってくると、人って一人で何かしゃべりますね~笑

苦しいけど、頑張ろう~!とかね。

ひーふーはーふー、ぜーぜーしながら、

目の前の高みを越えてみると

遠くにきれいな火山が聳えてました。 

じつはチリにはこんな富士山のような姿の火山がたーくさん。

何個も何個も目にしました。

地震は怖いけれど、景色のとても綺麗な国でした。

すぐそばに雪渓が現れ始めました。

1img_4519
行く先は、結構な傾斜ですぞ・・・!!!

元気なお年寄り様ご一行、どんどん進んでいらっしゃいます~

凄いな~(へなちょこでした、私。2021年の私からの感想^^)

右上の方に点の様な人が見えます???

皆さん、何て元気なこと!

私はというと、

いやー、もうこの景色と、いえいえ傾斜に圧倒されてました。

こんな景色は、いえいえ傾斜は初めて。ちょっと歩いてみたけれど、ズルズルズル~ちょっとひるんで、歩く気になりませんでした。

花も無さそうだし・・・

だって、私はいつも花に騙されて歩くんですもの~ 

ゆっくりと座って待ってました。

のーんびり♪

あー、気持ちいい♪

さ、堪能したから下りましょう。

後ろを振り向くと、ロゼットビオラの群生が・・・

今度来るときはたくさん咲いててくれるといいな。

     Rhodophiala andicola

最後にTMさんが来年のカレンダー用にと、雪山バックに、ロドフィアラ・アンディコラの花を撮影。私も写しましたが・・・この花色はカメラに収めると微妙な色合いになりますね。そのままの優しいピンクが表しにくい。

でも、まあまあかな。笑

     

あまり開いてはいませんが、楚々として可愛い。

だって、ポツンポツンと咲く様はとても優しかったんです。

なんともいい谷でした。

世界の花の谷を巡る

こんなテーマで旅をするのもいいな~なんて思いました。

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。