Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山梨県 富岳秀麗十二景二番、 日本一名前の長い山「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」10月11日

チリ・アルゼンチン ロゼットビオラの花旅21 2013.12

2014年2月14日 (金)の記事です。

チリからアルゼンチンへ@ロゼットビオラの旅 21


ロゼットビオラの旅、長々と続いております。笑

まだ続くの~?と思ってらっしゃる方、ごめんなさい。

私自身はブログを書くことで、もう一度旅を楽しみ植物を楽しんでいます♪


オソルノ火山

16日間の旅の11日目を迎えました。

2013年12月24日 クリスマスイブ♪

今日は、チリのテムコから国境を越えて、アルゼンチンへ入国します。

バスでの国境越えは、なんと35年ぶりぐらいの出来事。

どんなかな?

途中、富士山のような綺麗な円錐形のオソルノ山が見えました。チリ富士とも言われ2660mだそうです。スペイン語の何かの標識を画面に入れてみました。チリって感じでるかしら?!

国境への途中、湖のそばでTMさんが熱心に赤いビオラを探して下さるけれど、見つからず、残念だけど諦めました。仕方ない。

 

f:id:blueskymayuri:20211013170711p:plain

国境へ向かう道からは湖が見え、チリ南部は火山と湖の国なんだということが分かってきました。綺麗な景色が続きます。これはアルゼンチンに入ってからも続きました。

この場所で見たこの赤い花 パタゴニアでもよく見られるそうで、赤がとても印象的だったのでパチリ
 

       1img_4678

      
Ourisia coccinea オウリシア・コッキネア

すぐそばの野原でうさぎが飛び跳ねてました。

可愛い!

国境に入る前にランチを食べましょうということで、国境すぐ手前の滝のそばで休憩することに。

f:id:blueskymayuri:20211013170941p:plain国境を超える時に、フルーツや生ものは没収されるということで、こうなったのかもしれませんが、この日のランチはお菓子だけ。アルゼンチンからチリへの逆方向の時も。

結局、国境前で食べたので、サンドイッチぐらい入ってて欲しかったな。

     
ランチの中身、チョコレートとクッキーとヨーグルトとジュース。とほほ、ご飯にならないよ。この旅でのクレイムはこれだけです、国境越えの日のランチだけ再検討下さいましm(__)m 

他の会社のツアーはどうしてるんだろう?つい考えちゃいました。

そんな時、Hさんの毎日作って下さるこれが、もうめちゃくちゃおいしかったんです。

              1img_4686_3尾西の炊き込みご飯 お湯を入れると簡単に作れます。

のりがまた最高!!!

これには毎日救われました。Hさん、ご馳走さまでした。

私、今度、南米に行くときには絶対持って行きます~!

防災用品としても人気なんですね。海外で食べるちょっとした日本食は元気の源^^

    

辺りは黄色い花でまるで日本の春の雰囲気そっくりでした。

          1img_4687

ランチを食べるとすぐに国境到着。写真はダメということで写していませんが、工事現場のプレハブの建物といった感じです。

意外に簡単に出国手続き終了。チリからアルゼンチンへ行く場合は、荷物検査もなく簡単に済みました。不思議に思ったのは、チリの出国手続きの建物からアルゼンチンの入国手続きの建物までバスで大体30分以上の距離がありました。

国境って色々ですね。

少々離れている方がなにかといいのかな、きっと。

ちょうど中間のこの地点でアルゼンチンからのバスを待ちます。辺りは2010年のチリ大地震で降った灰が積もって見渡す限り灰の荒野になってました。凄かった様子が伺えます。

上の写真の山の上は灰が積もっている様子です。ええ!あんなに!!!って思いますよね。

ナイスガイのアレックスとも今日でお別れ。

お名残惜しい・・・

待っても待ってもアルゼンチンからのバスがやってこないので、仕方なく、アルゼンチン入国管理事務所まで歩いて進むことに。

あとで分かりましたが、アルゼンチンからチリへの入国は時間がかかるらしいです。どうも両国はあまり仲がよろしく無いようです。

アルゼンチンの国境で新しいガイド・Mさんに会え、無事アルゼンチンへ入ることが出来ました。

どうやって入ったか・・・てくてく歩いてです。

歩いて国境を渡るのもなかなか出来ない経験ですね。

どうして歩いて越えるの??? あの時、分かる人誰もいませんでした。あとで考えて、やっと分かりました。それぞれのバスは、間の地点は走れても国境を越えてはいけないから、、、私達は歩かないといけなかったんですね・・・言ってること分かって貰えるかしら?

アルゼンチンに入ってからの景色はますます素敵になり Beautiful!!!

アンデス山脈も次から次へと現れる湖も、なんてエレガントなの。

ムチャス・エレガンテ!!!

遠くに、目指すバリローチェの街が見えてきました。

そして、右の山並みの真ん中あたりのギザギザは明日登る予定のカテドラル山です。

バリローチェは誰しもが素敵な街よ!と口をそろえて言う街。 

楽しみ~!!!

アルゼンチンの女性ガイドMさんは、若くてとても明るい植物学者。

「TMさーん、ホテルに着く前に、ロゼットビオラ見ますか?」

「えっ、見れるの? 今から?」

TMさんの顔が断然ムーチョ・ニコニコ顔に変わりました!

ニコニコ~~

やったー!

予定になかった第8種類目のロゼット・ビオラが見れました!

それはまた明日

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。