Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山梨県 富岳秀麗十二景二番、 日本一名前の長い山「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」10月11日

チリ・アルゼンチン ロゼットビオラの花旅 27 2013.12

2014年4月19日の記事です。

ビオラ・サックルス@ロゼットビオラの旅 27

12月のチリ・アルゼンチンでのロゼットビオラがもう一種類紹介してないのが、とっても気になってます。

とても珍しいビオラなので記録に残しておきたいのです。

その名は、ビオラ・サックルス(ヴィオラ・サックルス)

ここは、アルゼンチン。バリローチェ郊外。

ビオラ・コルムナリスを見てから、最後の種類のビオラ・サックルスを探しに行ったのですが、時期すでに遅くて、ビオラ・サックルスは見れませんでした。ところが、全然見れなかったとばかり思っていたのですが、偶然にも写した写真の中にあったようです。

なので、ご紹介です。

これで、ロゼット・ビオラは全部で11種類見れたのかな?

     1img_5724002       
ビオラ・サックルス(ヴィオラ・サックルス) Viola succulus

上の写真は、ビオラ・コルムナリスだとばかり思ってましたが、アルパインツアー・ネイチャリングのmatsuさんからご指摘頂き、ビオラ・サックルスだということが分かりました。

↓の写真がビオラ・コルムナリス。

よく見てみると葉の様子も違うし、花の唇弁に線があるのとないので、全然違いますね。ビオラ・サックルスの方が、すっきりと癖がなく清楚な花ですね。

     1img_5953001
ビオラ・コルムナリス


ビオラ・サックルスは葉のふちが赤いですね。

こんな感じで、ほぼ花は終わってしまっていました。

     1img_5731

     1img_5778001

時期遅しで残念でしたが、またリベンジしたいな。

これで、見れたロゼット・ビオラをすべてご紹介出来ました。 

ふー、すっきり~

+++++

この日は、少し夕食まで時間があったので、急いで一時間ほど、一人でバリローチェの街を歩いてきました。

私は、やっぱり花だけじゃなくて、行った街の様子も知りたいのです。どんな街に行って、どんな人達がいたのか、とても興味津々。

楽しいです♪

バスの車窓から見える湖沿いのバリローチェは、バラの花がとても綺麗で素敵な町。ここはスイス人が開拓した街だということで、まるでスイスにいるようにかわいい街。アルゼンチンのスイスともいわれています。

     1img_6167

ホテルから歩いて15分ぐらいで町の中心の広場につきました。

     1img_6172

そうだわ~クリスマスだったんだわ~~♪

     

本屋さんをのぞいたり、スポーツ店を覗いたり、キョロキョロしながら、一人でてくてくてくてく。

そして、場所はよく分からないけど、必ず街の真ん中あたりにあるはずなのよ!と、ある有名なチョコレート屋さんを探しました。

ないなー、おかしいな~~、きっとある!を信じて歩いていると、おおー!ありました!!! 

     1img_6187

真っ赤な マムーシュカというチョコレートのお店です。 

ここでお土産を買わねば~ 留守番している家族に何かやっぱりお土産は欲しいもの。それにしても派手なお店だわ 

とても有名なお店なんです。

ガイドのMさんも一番おいしいと言ってました。

↓ 買ったのはこれ。

スペイン語で単位が書いてあって、チョコレートの値段の数字が分からなくて、横のお客さんに聞きました。ドルにするといくらですか?だって、桁が違うと大変だから。結構物価が高いから、間違えちゃいけないと緊張しました。

ちょっとした会話を隣りの誰かとするのも、とっても楽しい~! 

     

可愛いでしょ~!

お土産も買えたし、ほっ!

これで、ひとまず旅でやりたいことは終了です。

ロゼットビオラの旅、もう4か月も前のこと。 っていうか、まだ4か月しか経ってないのですね~~ もうずいぶん前の出来事みたい。

やはりロゼットビオラは強烈な印象の花でした。

虜になりました。

アルパインツアー・ネイチャリング事業部のみなさま、貴重な旅を経験させて頂き本当に感謝です。 

花の虜になると、やばいな! 
どんどん世界の花旅は続きそうです~
夢は広がる♪ 

るんるん

それでは、これにてロゼットビオラ(ロゼットヴィオラ)の花旅ブログを終了させて頂きます。ロゼットビオラ(ロゼット・ヴィオラ)に興味を持って頂いた方、長々とブログを見て頂き本当に有難うございましたm(__)m

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。