Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

塔ノ岳から丹沢山への道は見事なシロヤシオロードでした♪

ヒガンバナ、植えました。

今日はヒガンバナの球根を植えました。

花を植えると本当に嬉しい!

植えるの好きや〜(^-^)

f:id:blueskymayuri:20211020205641j:plain

またまたメルカリでゲットしました赤いヒガンバナ

今は葉が綺麗。

マンションのお掃除をして下さるIさんが「私、ヒガンバナ大好きよ!いつ咲くの?」 「来年の秋ですね!」 「だから辞めないで、来年もいて下さいね〜!」 「まだ働けっていうの?私もう随分の歳よ!」なんて言いつつ一緒に笑いました^^

マンションをお掃除して下さる面々、皆さん明るい方で花好きでいっぱい助けて頂いています。

本当に有難いのです~m(__)m

f:id:blueskymayuri:20211020210919j:plain

どんどん増えて欲しいな、ヒガンバナ

f:id:blueskymayuri:20211020211047j:plain来年こそは巾着田ヒガンバナ見れるかな。もうずいぶん前になるかな? 巾着田で写した写真です。楽しかったな~

コツコツ増やそうっと。

中国原産です。有史以前に入ってきたとされてます。
日本列島で繁殖しているヒガンバナは、染色体が基本数の3倍ある三倍体であり、正常な卵細胞や精細胞が作られないため、いわゆる「種なし」になってしまい、一般に種子では子孫を残せない。種子を持つ植物と同様の方法では、自ら生育地を広げる術を持たないため、人の手が一切入らないような場所に、突然育つことがない植物である。それゆえ、遠い日本人の先祖が子孫のための非常食として植えたという説もある。ウイキペディアより

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。