Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

塔ノ岳から丹沢山への道は見事なシロヤシオロードでした♪

パンギー谷へ@インドヒマラヤ・パンギー谷、青いケシの旅 18

2014年9月4日の記事です。過去の別ブログの記事をこのブログに移動してまとめています。

f:id:blueskymayuri:20211108084531j:plainカングサールでのテント生活、

一日目の夜は、夜中、目が覚めてみると、バシャバシャとテントを打つ雨の音が激しくしています。あらー、雨だわ~ 朝、目覚めても残念ながら外は雨。 今日は、いよいよパンギー谷を歩けるのに、雨ですか。。。

朝食を食べていると、思いがけず、すぐ隣でテントを張っているという日本人のご婦人が尋ねていらっしゃいました。このご婦人は、毎夏20年もご夫婦でインドに通っていらしているというインド通の方でした。

f:id:blueskymayuri:20211108084423j:plain「こんなところに、日本人グループが来るというのでびっくりしてたんですよ。だって、ほとんどまだ人が入ってきていない場所だし・・・ どんな方達がいらっしゃるのか、昨日はずーっと待っていたのに、なかなか到着しないので心配してたんですよ。」 とのこと

こっちもびっくり! こんな場所で日本人!

それもご夫婦だけで・・・オー、マイ~~~ 世の中には凄い人がいるもんだぁ! 犬も歩けば棒にあたるじゃないけれど、ちょっと違った場所へと行くと、ちょっと違った人に会えるんですね。嫌々、ちょっとじゃなくめちゃくちゃ凄い人に出会えるんですね!!! 頭の中の「がちがちの枠」をはずすには、とてもいい刺激だこと。

幸せになれないといっているあなた、あなたの「思い込み」(がちがちの枠)が邪魔してませんか?なんて、本によく書いてありますよね。 その通りですがね、なかなか難しい、枠が外れるのには時間がかかりますわね~ でもでもトライしましょうねー^^

+++++

さて、小雨になってきたので、出掛けることになりました。

しかし、ジープがぬかるみを抜けるのに苦戦しました。

f:id:blueskymayuri:20211108084957j:plainあれ、今まで4駆だと思ってたジープ、もしかして違った???

という瞬間でした。

あちゃまー~~~ カッコだけでした~~苦笑

ま、余談は少しにしておいて、車で2~3分ぐらいの場所の集落から歩き始めました。

f:id:blueskymayuri:20211108085130j:plain

f:id:blueskymayuri:20211108085326j:plain

f:id:blueskymayuri:20211108085430j:plain

家のそばに見事なフウロソウが・・・

f:id:blueskymayuri:20211108085535j:plainGeranium pretense  ゲラニウム・プラテンセ フウロソウ科フウロソウ

 

P7160036001_3 P7160037_2
セイヨウノコギリソウかな? 白花の群生に沿って歩きます。

村人も仕事に行ってます。

f:id:blueskymayuri:20211108085811j:plainあたりには背の高いハナウドの仲間も目立っています。

雪の残る山肌が素敵。

 

     f:id:blueskymayuri:20211108103153j:plain Heracleum candicans  ラクレウム・カンディカンス セリ科ハナウド属
畑の周りに沢山見られました。

私達は、谷をうろうろしているだけですが、村人達は谷を横切って何処かへ行っています。高度3400mにふーふーしている我々と違います。

辺りはだんだんと広々してきました。


気がつくと、雨も止み、ふふふ、気分はがぜん高揚してきました!

f:id:blueskymayuri:20211108104802j:plain

+++++

2014090400000004jij_afp0004view                     
画像はAFPBB Newsより

テニス、錦織圭選手、凄いです。

全米オープンテニス4強に残りました!

あー、今朝は早くから気分がいいわ~! もっともっと大ニュースとして取り上げて欲しいな。

凄いことです。

では
*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。