Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

塔ノ岳から丹沢山への道は見事なシロヤシオロードでした♪

パンギー谷#5@インドヒマラヤ・パンギー谷、青いケシの旅 27

 2014年9月20日の記事です。過去の別ブログの記事をこのブログに移動してまとめています。           

    f:id:blueskymayuri:20211122074354p:plain

学名:Aquilegia fragrans  アキレギア・フラグランス
キンポウゲ科 オダマキ
分布:パキスタン~ガルワール

(インドHP州 カングサール・パンギー谷 3300mにて撮影)

キョが細く立ち上がっていて、スマートな印象のオダマキでした。

日本で見られるミヤマオダマキは青い色ですよね。

園芸店で売られているミヤマオダマキは見たことはありますが、自生のミヤマオダマキはまだ見たことがありません。(思い出しました、見たことありました。上高地の徳沢あたりで。すぐ忘れる😅)

見てみたいな。

ゆっくりじっくり初めてみました^^

背丈も高くて、30~70cmあり、とても見ごたえあります。



    
優しい花でした。

ランタンがたくさんぶら下がっているみたい。

あ、今、提灯行列を思い出しちゃった。

何のための提灯行列だったかは思い出せませんが、ぎりぎり、提灯行列を経験した最後ら辺の世代です。子ども心にわくわくして凄く楽しかったのを覚えています♪

花の形って素晴らしすぎ。

神業は凄い。そして優しい。

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。