Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

塔ノ岳から丹沢山への道は見事なシロヤシオロードでした♪

宿のロビーで@奥会津

会津の宿のロビーで目に留まった詩。

いいなぁ。うーん。

そうだよね。

そう、そう。

そうですよね。

大事なものはすぐそばに^^

只見線 ー第三章ー

絵:松本忠 詩:浅田志津子

本当に 社会で機能している人は
実はあんまり 目立っていない
定刻通りに やってくる列車に
特になにも 感じないように

本当に美しい風景は
美術館には 並んでいない
それぞれの 生活の片隅に
風に揺れながら たたずんでいる

本当に大事なものは
ガラスケースには しまわれていない
ざらしの 物干し竿のように
使われながら ずっとある

霧の朝も
茜の夕も
雪の夜も
今、この時も

+++++

下の本より抜粋されたものでした。↓

画文集 日本の鉄道抒情 ふるさとの詩がきこえる|さきたま出版会 (sakitama-s.com)

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。