Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

塔ノ岳から丹沢山への道は見事なシロヤシオロードでした♪

花の桃源郷フンザを歩く 5

2014年4月27日

花の桃源郷フンザを歩く 5

昨日の記事で書き忘れたけれど、バスがイスラム教の戒律の厳しい村のバザールを通り抜ける時は重い気持ちになるときがありました。

それは、女性が一人も歩いていないから。

女性は家から滅多に出ること、いえいえ出れること?は無いそうで、ふと、色鮮やかな布を売っているお店に目が行くと、小さい男の子が指差して、いかにも女性の衣装らしき布を数枚買っていました。

そうか、この町では、女性は自分の洋服の生地さえ、自分で買うことは出来ないのかと。

それが当たり前の世界に暮らしていると、私が思うほどのことではないのかもしれませんが、やはり重いものを感じます。重く思っても仕方ないのですが、私などの常識的想像を遥かに超えた世界であることは間違いないようです。

女性の、人としての尊厳が保たれていますように。

そういえば、女性は夫以外の男性に肌を見せないので、男性のお医者さんには見て貰えず、パキスタン地震で初めて女性のお医者さんや看護婦さんが入ったのは日本人だったそうです。

日本では報道されないニュースが世界では沢山あるようです。

メディアっていうものは利益が当然絡むものなので仕方ないですね。見る方がきちんとそう理解して、広い視野で見る目を持たなくちゃですね。イスラムの世界は日本ではほとんど知らないことばかり。行ってみて見てみて初めて知ることのなんと多いことか。

    

またまたチェックポイントで待たされているところ 

早く出発したのでお腹がだんだん空いてくる。でも、とにかくチラスまで行きましょう~とのこと。我慢、我慢で2時過ぎになってやっとランチを食べることができました。

シャングリラ・インダスビューホテルにてランチ

名前がいいね!!!シャングリラ!!!なんて、皆でちょっと馬鹿にしてたら、サラダもあるし、カレーも美味しい! 豪華なビュッフェランチでした。途端に態度変わります。苦笑 さすがシャングリラ~!!!www 美味しかった~♪

    

     

チラスカラコルムハイウェイの中でも乾燥が酷く気温が高いことで知られる山岳砂漠地帯です。

この付近ではインダス川の川幅も広く浅くなり、かつての旅人達がインダス川を渡る場所として利用されたそうです。

古来から川沿いの岩に絵が描かれるようになり、特に仏教僧によるストゥーパ(仏塔)などのモチーフのものが多く残されています。

   

チラスの岩絵だよ~と、言われても、暑いし、なんだか疲れて・・・

バスから降りたくない気分。バスから見るだけで元気ない私でした。

この山岳砂漠地帯って、この間のチリの景色にそっくりだわ~

暑いし、お腹いっぱいで眠いし(勝手なこと言ってるわ~)

なのに、みんな元気で笑顔です。。。

うーん、ここを仏僧が通って、ここに絵を彫った・・・歩いてたわけですよね、延々と歩いたのよねーなんて思ったら、だんだんロマンを感じてきて降りました、バスから。笑

 

花崗岩に書かれた絵の数は、この周辺で3万点を越えるそうです。

 

そばの道での様子。ひたすら皆歩いてるんです。

辺りに集落は全く見えないのに、どこからどこまで歩いてるのか。男だけでちょっとお茶でも----なんて、バザール迄歩いてるのかな。男onlyの世界です。

考えない、急がない。かな?

そんな生活もいいかも。ちょっと羨ましくなってもきましたぞ。

さあ、バス旅は続きます。たまにはガソリンスタンドで伸びをして、身体を動かして・・・

この先、ナンガルパルパッド(第9位の高峰・8126m)が見える場所があるのですが、午後遅くなってしまって雲が出始めて見る事はできませんでした。

次回の楽しみかな。次回???

本気で次回があると思ってた、この時は。

その後、3大山脈ジャンクションで写真休憩。

  

3つの山脈、カラコルム山脈ヒマラヤ山脈ヒンドゥークシュ山脈が合流するポイントです。

インダス川とギルギット川を境に3つの山脈が合流している地質学的にとても珍しい場所だそうです。

      なかなか撮影スタイルがカッコいい~♪

インダス川とギルギット川の合流地点

ここから日も暮れ始め、途中の大きな町ギルギットを通過。 

ギルギットから目的地のカリマバード(フンザ地方)まであと100kmです。

ほとんど寝てた!!!www

そういえば、そうなんです!途中、目の前で土砂崩れが!!!

危機一髪!バスは急急急後退! 

ほー、小さい土砂崩れで良かった!

カリマバード到着は午後10時ごろ?って言ってたけれど、嬉しいことに午後8時には到着する事ができました。

ホテルは 映画、草原の椅子にも登場した フンザエンバシーです。

ヤッター着いた!(⌒∇⌒)

すぐにご飯。 すべてがとても美味しい♪

この日だけはビールを飲んで・・・乾杯

フンザにはビールがあるのです。

フンザイスラム教でも戒律が厳しくないイスマイル派だからなのかも。いえい!!!ビール、ビール!!!

これはどこのビールだったか・・・

お土産物屋さんにはオランダのビールが売ってました。

とにかく寝ましょう~ 部屋決めはくじ引きで。 

わあい!!!居心地良さそうな部屋です。ここは何処?まさか山奥の僻地とは思えない部屋です。このホテルは西遊旅行さんの息がめちゃくちゃかかってますからね。バスタブもあります!それでも遅く到着したので、もう熱いお湯は出ません。さっとぬるま湯を浴びて寝ました。

ぶるぶる、さむ~~い

 

   

テレビがありましたが、普段あまりテレビを必要としない私は、この旅で一回もスイッチを入れなかった。

あのね、毎日この子を抱いて寝てました。何かを抱きたいの~ 

オホホ、これ湯たんぽが入ってるんです。かわいいでしょ?!

大人の男性が 抱っこしてる姿は可愛いかったですよ。寒いから、みんな抱っこしてるの。

さあ、フンザだ~~!!!

来たよ~~~!!!

昨日まで雨降りだったそうで、まだ冬みたいです。さぶい~!

おやすみなさい

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。