Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

礼文島 ゴロタ岬に咲く花

南浜湿原@利尻、礼文島花の旅 6

南浜湿原

海のすぐそばなのに、高層湿原だそうで・・・低地にありながらの高層湿原は国内ではあまり例を見ない大変貴重な存在だそうです。

ちょうどカキツバタが綺麗。

いつも思うけど、アヤメかショウブかカキツバタか・・・クエスチョンが湧いては思い返すの。アヤメは網目模様。ショウブは黄色い色。カキツバタは白ってね。花びらの模様のことです。
花びらの模様が白い筋だから、この子はカキツバタ。ですね^^

まとめると
【アヤメ】花弁の根元が白と黄色、網目模様がある
ハナショウブ】花弁の根元が白と黄色、模様なし
カキツバタ】花弁の根元が白一色で模様なし


ちなみに礼文島の桃岩で見たヒオウギアヤメ。アヤメの仲間なので、網目っぽい模様がありますね。

今回訪れて、とても思ったのは利尻島は水が豊かということ。どこでも川が流れててというのではなく、、、(だって、川は無いの。)とても森が豊潤。森の水の豊かさを感じる島で大好きでした。行くまで想像もしてなかった。礼文島ももちろん良かったけれど、利尻島の方がパワーのある島でした。

水がほんとに綺麗。

かるがも

この写真 どこか変なのですが分かります?

ひっくり返すと・・・(⌒∇⌒)

これが正しい写真。水面に映ってる影も生きてるみたいでびっくりです。

南浜湿原では色んな植物が楽しめたけれど、中でも、ツルコケモモが珍しかった。と書いたら、尾瀬の星ガイドに怒られるかな? ぜったい尾瀬でも見てる筈(⌒∇⌒)です。だけど、この日にはっきり可愛いと認識。

人それぞれ出会いの時があるという事で・・・

 


ツルコケモモ(蔓苔桃:Vaccinium oxycoccos) – 世界の花だより (saiyu.co.jp)

イソツツジもギリギリ見れた 北海道に来たら、やはり見たいイソツツジ

    

まだ咲いてないけどエゾアザミ(チシマアザミ)

   

最後に笹の花

一面に笹の花でした。

笹の花が咲くと縁起の悪いことが起こるとよく言われます。Toshiyaガイドも心配してらっしゃいました。
阿部前首相の暗殺事件、これに続いて様々な不吉な事が起きませんように。といっても歴史は繰り返すと言われています。正確に繰り返すと迄行かなくとも韻を踏むとは言われています。ちょうどその時期が来ていると多くの人が言ってます。

世界恐慌や食糧危機、戦争が起こる可能性だってあります。
明治維新のような大変革の時が来る可能性も。

色々な事に振り回されない自分をしっかりと保つことが大事になりますね。

例え何があろうとも、飲み込まれず、世間を俯瞰し頭はクールに!

人はいつでもどんな時でも笑顔になれる~^^ それが誰にでも出来る平和への第一歩。そういう風に思います。世界平和というより自分と自分の周りの為。それが平和に繋がる自分に出来る第一歩(^^) 自信を持って自分の生活を楽しみましょう♪ 

さてさて、この日 もっと色んなところに行ったり美味しいソフトクリーム食べたりしたけどぶっ飛ばして夕方です。泊まったToshiyaガイドさんのペンション・レラモシリから素晴らしい利尻山の姿を見ることが出来ました。

久しぶりに姿が見えた!ってペンションの皆んなが言ってました。ついてるぞ!!!

明日はいよいよ登んだなぁ!

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。