Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

伊豆 金冠山山頂より

美味しい宿、民宿さくら@伊豆山稜線歩道 9

連日 マンションの庭の手入れをしていたらなかなかブログが進まず・・・疲れてgu-gu-寝ちゃってました^^  ひたすらよく寝ます!!! 連休は人混みを想像するだけで出かける気になれず、ひたすら眠かった!皆さんはどうでしたか?

さて、伊豆山稜線歩道山行の続きです。

金冠山で400座達成のお祝いをして貰い、あとは最終目的地の達磨山レストハウスまでてくてく歩きました。約1.8km 30分位

戸田港行きの14:47分のバスを目指せ!!!

無事間に合いました。この次は16時12分になるので間に合って良かった~♪

今夜の宿は民宿「さくら」食通に人気の宿らしいです。

予約時の電話の対応ではとても親切に色々教えて頂き、早く来てください!桜が・・・などと、とってもいい印象でした。

泊ってみて・・・

大満足でした!美味しかった~~~ それも食べた!食べた!金目鯛。普段食べれないものを食べて得た満足感!!!それはもうトレビア~ン!!! 

バスから降りて、まず目に留まったのは

御衣黄の桜 御衣黄かウコンか・・・判断難しいですね。民宿さくらの奥様が御衣黄って仰ったので、そう言う事に^^

   

御衣黄に引き寄せられて、ウロウロ、そしてお次はド凄い!こぶを持ったクスノキに惹かれて神社の方へ・・・

そうしたら後ろの方から呼ぶ声が!ニノミヤさんですか??? ようこそ!こっちですよ~!!! あはは、ついつい植物に誘われて反対方向に進んでました^^

ド凄いでしょ!?! こぶが!!! さくらのすぐそばの部田神社にあるんですが、その話はまたご紹介しますね。いい神社でした。

着きました、民宿「さくら」

こんにちは~!

ご夫婦でやってらっしゃるので、そんなに大きな民宿では無いですが、とても綺麗でスッキリした印象を受けます。お部屋は2階に3部屋。私達9人で貸し切りでした。

早めに到着したので、すぐ近くの道の駅くるら戸田の温泉に行かれるといいですよ!とのおススメで、まずはてくてく歩いて温泉に入りに行きました。

森林インストラクター2名はあたりの植物さんぽ。部屋でのんびりしたい人、温泉に入りに行く人、それぞれ好きに出来て良い、良い♪

温泉は、道の駅くるら戸田に併設されている日帰り温泉「壱の湯」気持ち良かった~~~ この頃温泉に凝り始めてきたぞwww 

身体が暖まることを欲してるかな(⌒∇⌒)

トップページ - 道の駅 くるら戸田 (kururaheda.net)

宿に帰ってくると、なんだかいい匂いが! ぐふふ

さあ、お食事ですよ~ おおー!

色んなお料理が並んでいます。ニンマリ~~~(⌒∇⌒)

 

お!金目鯛! 

お!蟹も お!金目鯛のしゃぶしゃぶ その残りの頭と尻尾をお煮つけにしてあるのね。嬉しい!

おおーーー!!!

出ました!!! 金目鯛の塩釜焼、楽しみにしてました♪ 桜の名物みたいです。そして思い出しました!妙高に登った時に泊まった宿でも塩釜焼が出ました。あの宿も美味しかったな~ そのことは一番最後に載せておきますね。

ではこちら、金目鯛の塩釜焼でございます♪ 目が!!!あはは、目が可愛い?!?!

 

じゃじゃーん、割って広げます。

昆布で覆ってありました。さ、それを広げて・・・

頭をポコッと取ると・・・

ぎゃ!出たぁ!目玉!!!

見ないよ見ないよ、目玉は・・・苦笑 

さ、頂きます。
金目鯛様、あの世でお幸せに・・・ナンマイダ・・・南無・・・ 眼玉を見たらついつい拝んだよ。でも美味しかった(⌒∇⌒)

こちらはホイル焼き

中は・・・ こんな感じでした、かぼちゃです!嬉しい! ちゃうちゃう、海の幸を書かなくちゃ!でも、私かぼちゃ大好きなの~^^ 

もちろん、海の幸もたくさん入ってました(⌒∇⌒)

えびちゃん

お刺身も美味しかったな~

そして、そして書かねばならぬのはお酒です。

ご主人がセレクトした銘酒が4,50種類揃っていますとのこと。

今回も何かお酒を!というと、ご主人が一升瓶を3種類持って現れました。ほー! まずは飲んでみて下さい。という事で、開運と磯自慢ともう1種類、試飲させて頂きました。もう1種類忘れました。ごめんなさい。

そこで選んだのが、磯自慢!!!

いやー、美味しかった~~~!!!私の中で大、大、大ヒット!!!

壁にお酒のラベルが張り出してあります^^

磯自慢は一般的なお店では買えないそうで・・・
調べたら、東京駅で買えますね!

絶対買わなくちゃならぬぞ!!!

磯自慢じゃー!!!

www.isojiman-sake.jp

ご飯を頂きながら、ご主人から少しお話をお聞きしました。板前さんになるには、どうやって修行されたんですか?という問いに、もともとは漁師として大型の遠洋漁船に乗ったんです。そこで見ながら手伝わせて貰ってたら、だんだんいろいろできるようになってきて・・・ 次に旅館?料理屋?で、手伝ってたら、お前できるじゃん!と認めて貰って、大きな旅館?で料理人として働いてました。でも自分の好きな料理を出したくて・・・小さいながらも民宿です^^ ごめんなさい。。とっても大雑把で、間違っているかもしれないですが、もともと板さん修行で始まったのではないんそうです。好きな事をコツコツやっていたら、その道で大成していったといういいお話を聞く事が出来ました。決して偉ぶらないご主人の人柄に頭が下がりました。

そうそう、食事で出されたお水もご主人自ら、山から汲んできたという達磨山の名水。最後にペットボトルにいっぱい入れさせて頂きました。有り難かったです。

朝食もたくさん

何といってもお味噌汁が・・・あー、美味しかったぁ!いつも色々食べれないものがあるTちゃんから「うまーい!美味すぎ~!」のお言葉が!!! 良かった~!

 

そりゃうまいよ^^ne!!!

アジの開きは背中をじっくり焼いて、おもてはさっとあぶるぐらいで・・・とのこと。

たかがアジの開きですが、違ったんです! 美味しかったのでお店を教えて貰って、さっそく戸田港で買ってきました。そのお店情報も又ね。

採れたてわらび。昨日の宿に続いて、また旬の味を楽しめる。

そういえば、ご主人、花好きで、こんな珍しいものが見れました。コウズエビネだそうです。

   
↑ハルさん撮影

食通の隠れ家の宿さくら、ぜひチャンスがあればいらして下さい。リピーターの方も多いと聞きます。おススメです。

民宿さくら、詳しいことはこちら→

numazu-sakura.com

今日はいいお天気。我が家から富士山も良く見えてます。この時一緒に登った二人がまた伊豆山稜線歩道を歩いてます^^ お天気よくて良かったね~

あ!忘れる所でした。

魚の塩釜焼です。妙高に登った時泊った花文さんの塩釜焼はこちらです。こちらは山間で捕れる魚、岩魚の塩釜焼です。どうぞ

botaniclovers.hatenablog.com

では

*****

お問い合わせは blueskymayuri★yahoo.co.jpへどうぞ ★を@に変えて下さい。