Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

■ ヘッダ ■ 今年6月ピレネー山脈で見たナルキッスス・アプスキッスス ピレネー山脈フランス側で。草原に広がって咲くさまは見事だった! 

第3回ボタラバティータイム 有難うございました♪

きのうは第3回ボタラバティータイムでした。お陰様で有意義な時間を持つことが出来ました。ご参加の皆様、本当に有難うございました。

 

f:id:blueskymayuri:20180404185550j:plain

松永秀和さんの「チベットの青いケシ」の話も、舘林正也さんの「イギリスの知られざるプライベートガーデン」の話も、それぞれ、それはもう素晴らしかったです。

 

f:id:blueskymayuri:20180404185746j:plain

とても濃い内容で、あれだけの内容のトークをする為にはどれだけ時間をかけてご用意下さったことか、それを想像しただけでも頭が下がります。

 

f:id:blueskymayuri:20180404201521j:plain

感謝しかありません。

本当に有難うございました。

内容も少し書きたいけれど、ふふ、勿体ない!なんて~^^  青いケシがイギリス人のプラントハンターに発見されて、どのようにイギリスに渡って広まったか、とか、幻の青いケシの写真とか・・・ 色々盛りだくさんでした!!! 今考えれば、もっともっと質問をすればよかった!!! 松永さんの青いケシの話はネパール、ブータン。まだまだ聞きたいことがいっぱいです。

興味ある方は、ぜひぜひ。次回青いケシの話の時にどうぞいらして下さい。

 

f:id:blueskymayuri:20180404191330j:plain

さて、イングリッシュガーデンシリーズの舘林さんの話は

「知られざるイギリスのプライベートガーデンについて」でした。

シリーズ1~11のバライエティに富んだプライベートガーデンをご紹介頂きました。中には、中野区全体が全部我が家~~というとてつもない広さの敷地にお住みになっていらっしゃる別世界の方のお庭とか~~凄かった!!! 

頂いた感想には

ドラマ「ダウントンアビー」の様な生活をしている人がいるんだね~とか、

嵐が丘」そのままの様な生活がまだあるんですね~とか、

庶民には余りにかけ離れた世界に思わず笑っちゃうスライドを沢山見れて楽しかった♪ 

 

f:id:blueskymayuri:20180404192715j:plain

舘林さんの写真には、よくお庭の隅に置かれたくつろぎの為の?エクステリアの為の?もちろん両方の為にでしょうが、ソファーや椅子が見られます。イギリスのガーデンには必ずと言って存在するもの。

f:id:blueskymayuri:20180405082100j:plain

こんな椅子だけでも日本人には憧れなんですよね。

シンガポールでも、プール脇やガーデンに椅子やソファーが置かれていました。そこで寛ぐのが幸せだった~~!! うちのマンションのガーデン、椅子を置くスペースはあって、じつは随分前から休日にはお父さんたちがゆっくり休めたり、家族でバーベキューが楽しめたりする椅子でも置けばいいのに・・・と思っています。いつか実現するかな~^^

思いは沢山あるんだけれど、、、多くは出来ないから、今は花壇に集中です♪ こうやって、少しずつイングリッシュガーデンの写真を見るだけでも、人の意識は変化しますものね。

 舘林さんのイングリッシュガーデンのお話、絶対に他では聞けないものばかりです。センス抜群の舘林さんですから! ぜひ、舘林エキスを頂きにいらして下さい♪

 

次回は5月29日(火曜日)です。

舘林さんのお話は、

いよいよ「世界遺産 キューガーデン」です。

日本でキューガーデンと言えば、キューガーデンの園芸学校で研鑽を積みキューディプロマを修めた舘林さんです。早いうちにお申し込み下さい。満員になる可能性あり!!!

それにプラスして、

鈴木晴美さんによる

植物トリビア~身近な植物の豆知識

詳細はまた近いうちにお知らせ致します♪

 

f:id:blueskymayuri:20180404201644j:plain

 

きのうは トーク&スライドショーにプラスして、もう一つ、午後から鈴木純さんによる「じゅんじゅん散歩」もしました。

それはまた明日♪

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。