Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

紫竹のおばあちゃま有難う

山籠りしてました。 貴重な時間でした。 その事は又として 色んな時に力を頂いていた北海道「紫竹ガーデン」の紫竹のおばあちゃんがあの世に旅立たれました。94歳。老衰。 きっと、今でも何処かの花園でにっこりされているかな? 上の写真は紫竹ガーデンのFB…

山形、倉手山に咲く花

いまも目の前に飯豊連邦の山々が見えます^^ 登りのしんどい歩きを助けてくれた花はこんな花々でした。 まずはカタクリ。まだカタクリが残ってる!!! ってか、なんとなく傾斜を感じません?結構斜めってるでしょ? 傾斜度強!!! カタクリと思えば、シャク…

じゅんじゅん、受賞おめでとう♪

「じゅんじゅん散歩」でよくお世話になっているじゅんじゅんこと鈴木純さんが東京農大より造園大賞を受賞されました。 ぃえーい!!! じゅんじゅん、受賞おめでとう!!! 私達もじゅんじゅんのお陰で植物大好きです♪ コロナのお陰でお休みをさせて頂いてま…

素晴らしい山だ!倉手山

倉手山に向かう車で、「あ!雪だ!」と言ったら、「雪?普通にありますから。」 あら、そう。。。 雪国とは別世界で育った私にとって、雪は何年かに一度しかお目にかかれない。 そんなお雪様とこれまたショウジョウバカマからシャクナゲまで数か月ごちゃまぜ…

梅花皮荘@飯豊温泉

アルパインツアーの山形桜ツアーを終えて、飯豊温泉の梅花皮荘に来ています。 飯豊連峰の眺望が最高! 温泉も最高! 今日は倉手山に登ります。 梅花皮荘横の桜並木が満開です^ ^ では *****

山形、赤湯温泉

おはようございます。 山形、赤湯温泉です。 ギリギリ桜を楽しんでます。 期待以上! 東北のどか〜 烏帽子山八幡宮 綺麗でしょー では *****

からだにありがとー

自然の中でセルフケア講座。 第1回鷹取山山頂で 天城流湯治法&和みのヨーガ 楽しく開催することが出来ました。共同主催のまきちゃん有難う。ご参加頂いた皆さま有難うございました。 皆さんの笑顔に力を沢山頂きました。有難うございました。 念願かなって…

青空の下で

私も青空の下で身体のケアワークがやりたいな! 自然の中でやれたらどんなに気持ちいいだろう。 2月下旬、鷹取山でこの景色を見た時にそう思った。その想いが叶いました。嬉しかった〜^ ^ 共同企画に乗ってくれたまきちゃん有難う(^-^) 山頂広場は貸し切り状…

ひかり、きらきら

このところ、毎日ガーデナー。 今朝のこと。クレマチスに目が留まった。 わー、もう開いてる!!! きっと今開いたに違いない。幸せな瞬間!!! 開いたばかりで花びらがまだのび切ってない。雄蕊もまだ開いていない。 いいね、いいね。 そばの花壇では咲き…

黄金虫の幼虫?

あれー、シモツケが見事に虫に食われて無残な状態!昨日気づいた。 早いところどうにかしなくちゃ、全滅の危機もありうる。という事で今日も又ガーデナー。 葉が食われてるでしょ?!誰の仕業? ついでに周りの草刈りも。 ひゃー、いるわいるわ。ちっこい幼…

今日はガーデナー♪

今日はマンションでガーデナー、楽しいけれど、疲れるわ~^^ 家に帰ったら、満足気分で爆睡でした♪ クリスマスローズの花後の手入れ。そしてシャガの植込み、花壇の花の手入れなどなどのお仕事でした。 それがね、3月5日に植えたシャガに花が咲いたのです。 …

ニオイバンマツリ

昨日、今日でニオイバンマツリの木を植えました。 なんで2日もかかったの? もともと植わってたグミの木を抜くのが超大変!大量の汗^^ 掘れば出てくる瓦礫に粘土質の土。 土壌改良するのって大変ですね。屯田兵の大変さが分かる〜 でもこれが一番大事。 頑張…

吉田外司夫先生、ご冥福をお祈り致します。

青いケシといえば、植物写真家、植物研究家・吉田外司夫先生。 シノヒマラヤと言われる中国西部からヒマラヤにかけての山岳地帯に何度も通われ、メコノプシス属の素敵な花(青いケシ)の写真を撮り、日本中に、いえ世界中に広めて下さった方です。 その吉田…

歩いたら食べる♪玉川屋

せっかく歩いてカロリー消費したのに食べるの?などと言わないで、ボタラバは欲求に素直に従って行きます(^-^) 楽しいのが一番!!! 高水四山から降りたら、直行しました。 奥多摩名物「玉川屋」のお蕎麦。 草の生えた藁葺き屋根がいいですね。 8人ですがい…

マキノスミレと判明♪

このスミレの名前。halさんがY先生に聞いて下さり、マキノスミレだということが分かりました。Y先生とはYが付くスミレでは大御所の先生です。halさん有難う♪ Y先生有難うございます。 やはりスミレの名前はパッと見の印象がほぼ当たっていることが多いですね…

高水四山めざして 3

高水、三座目馬仏山、四座目惣岳山へ 馬仏山(まぼとけやま)は高水三山ハイキングコース一般道では行けません。YAMAPの地図でどうもこの道みたい~という点々で表してある道らしき道を登ってみることにしました。 歩き跡があるから大丈夫よ~ 今日は頼もし…

高水四山めざして 2

このスミレが気になりました。 小さくて可愛いです。最初、マキノスミレかな?と思ったけれど・・・ マキノスミレの葉の裏の色は・・・ こんなに茶色ではないはず・・・ とっても可愛い姿に取りつかれて写してたら、皆からずいぶん遅れちゃいました。 うーむ…

高水四山めざして1

高水三山ハイキングコースは奥多摩人気のコースです。 JR奥多摩線・軍畑駅から平溝川沿いに歩き、高源寺、常福院を経て、高水山、岩茸石山、惣物岳と三山を巡って御嶽駅(または澤井駅)に降りるコース。 ↑日本山岳会よりお借りしました。 よく地図を見てみ…

高水三山で春満喫♪

ボタラバ登山部で高水三山登ってきました。 ミツバツツジもスミレもあれもこれも、春の花がいっぱい!まるで春が一度に来る福島の花見山状態じゃない? 皆同じ事を考えていたようで、うんうん、うんうん。 目も心も100%輝いた日でした!!! 脚も100%頑張…

参加者募集!鷹取山でセルフメンテナンス講座

☆ 4月21日に変更しました。 セルフケア研究所の宮城真希さんと一緒に、鷹取山でセルフケア講座をやります。 鷹取山ハイキングコースをゆっくり歩いて、山頂広場でのんびりタイム♪ ハイキング+セルフメンテナンス講座です♪ 歩いて、疲れた体をいたわってやり…

角田山は花で爆発!

あー、凄かった! 角田山は人も爆発!花も爆発!笑 桜尾根コースから登り、頂上でお弁当。 下山は灯台コースを下りました。 雨の間の貴重な一日、それも土曜日ということもあって、登り口から人が数珠繋ぎ。さすが、人気の花の百名山。 どんどん人が吸い込ま…

弥彦山

今日は角田山に登る予定でしたが、お天気がイマイチなので弥彦山に行ってきました。 陽がささないとオオミスミソウもカタクリも花はつぼんで下を向いています。花は明日の楽しみに。 弥彦神社、久しぶりです。 さすがに気に満ちた素晴らしい神社です。 ロー…

国上山

カタクリが咲く山を歩けてるんるん! 今日は新潟の国上山に登って来ました。 登頂NO226 国上山 ヤッター 今日、心を掴まれたのはこの子! いやー大満足です。 綺麗!!! 数年分のキクザキイチゲを堪能しました^ ^ 日本海側の植物はホント久しぶり! でも目…

マンションで桜ライトアップ

マンションで初めて桜のライトアップをやりました なかなかいいんじゃない? 期待以上に綺麗です。 桜を見ると心がほんわり 透過光の桜がどうか癒しとなりますように 4人で企画 大成功とします。 やって良かった〜^ ^ では *****

脚さん悪かったね

セルフケア研究所、所長まきちゃん主催の YAMUNA ヤムナフットフィットネスと和みのヨーガのコラボワークに行ってきました。 これがとっても面白かったのです。 まさに求めていたものだ! 山歩きをこれから続けていくのに、本当に大事なのは足です。すぐに攣…

見せたかったツリーハウスのある家

この間の鎌倉散歩。 極楽寺から裏山を越えて、鎌倉山の別荘地を皆に見せたかったのに、山道を間違えて、少し遠回りをしてしまったお陰でお見せする事が出来ませんでした。 残念~~!! もちろんそれなりに素敵な家はあったけど、これなんです。このツリーハ…

新雪の大菩薩嶺

今日はよく降りますね。 大菩薩嶺、雪で大変だったけど、考えてみたら、今日のような風雨よりよっぽど良かったな~と、改めていがった!いがった!と思っているわたしです^^ 一晩で 雪が珍しい私は 嬉し、悲し! どっちやねん?!? ちょっと嬉しいかも・・…

介山荘@大菩薩峠

大菩薩峠にある介山荘。 介山とは長編小説「大菩薩峠」の作者、中里介山の名前から。 中里介山作の長編時代小説『大菩薩峠』(だいぼさつとうげ)は、1913年~1941年に都新聞・毎日新聞・読売新聞などに連載された41巻にのぼる未完の一大巨編。大衆小説の皮…

大菩薩峠

またまた香織ガイドに鍛えて頂いた大菩薩山行。 なぜか毎回期待以上に鍛えて貰えます^^ 今回はまさかまさかの大雪だったしね~ しかし、鍛えて頂いて、変に自信とすがすがしさが生まれているのはなんでしょね?笑 用事が多くてあっという間に過ぎ去る日々。…

今日は花より団子♪

ボタラバ仲間で鎌倉長谷駅から湘南海岸の腰越迄散歩してきました。 春をいっぱい感じて、るんるん。 ↑ ハナニラが可愛い ↑ スノーフレイク(nagaちゃん撮影) 極楽寺の境内ではハナニラとスノーフレイクが咲き誇ってました。 夏になると大樹の百日紅が楽しみ…

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。