Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

今年4月クロアチア・プリトヴィッチェ湖群 何段にも続く湖。そこから溢れる水が何連にもなって流れ落ちる。目の間に広がる青の色は何処までも深く、その美しさは息が止まるほどだった。

17年ぶりの倉敷へ@瀬戸内アートとイートの旅 1

やっと旅日記を始めます。どーも忙しくてなかなか書けません。しかし、書きたい!瀬戸内の旅日記。それはもうとってもエンジョイ出来たから。そして、情報をもっと多くの方に伝えたいから。

f:id:blueskymayuri:20190324234425j:plain

この旅、計画を立てるのに、意外に苦労しました。特に瀬戸内海の直島、豊島、小豆島。バスが~~あまり走ってない!!! 少ない交通手段でいかに効率よく巡るか、結構大変です。

バスの時刻表をプリントアウトして、島の地図とにらめっこして計画を立てました。少しでも役に立てばいいな。

この頃よくテレビで仲間由紀恵さんが宣伝してますね。瀬戸内芸術祭、もう間もなく始まります。

    f:id:blueskymayuri:20190324234259j:plain

瀬戸内芸術祭は3年に一度開催されていて、今年は4回目の開催の年。きっと様々な会場が、また賑やかになる事でしょう。

「島のおじいさんおばあさんの笑顔を見たい。」そういう思いが原点にある芸術祭。末永く本当の意味で島の活性化に繋がるといいですね。

 

現代アートにはあまり関心のない私。

それが、突然行ってみたくなりました。

現代アートが瀬戸内の島々にどういう風に溶け込んでいるのか見てみたくなったのです。

行って感じてみよう! 

もしかして、全く楽しめないかもしれないけど、それはそれでいい・・・

そんな単純な思いで行ってみた島々で、予想以上に現代アートは自然に溶け込んでました。穏やかな瀬戸内の海に、そして街並みに不思議に似合っていて、全く違和感がない風景に笑っちゃうほどでした。

じつは直島に渡る宇野の港から楽しんじゃってました♪ 色んな作品が楽しくて、次はどんなものが見れるのか・・・めっちゃ、楽しんでる私が自分でおかしかった^^

瀬戸内の海はとても穏やか。穏やかさは何でも受け入れるのかな~~

作者がその現場に来て感じて作った作品だからなのか、ホントにすべての作品が自然に存在してました。それはホントに自然にそこにあって、島の人も旅人もそれがあることをエンジョイしてる様子。アートと自然が見事に溶け合ってたな~

開催まで、あと33日。

詳しくは瀬戸内芸術祭2019のHPをご覧下さい→https://setouchi-artfest.jp/

 

すぐに直島へと向かえばいいものの、懐かしい倉敷に行ってみたくて、そしてずっと泊まりたいと思い続けていた「旅館くらしき」に泊まってみたくて、、、「旅館くらしき」といえば、かつては民芸好きには聖地のような宿と言われた宿なんです。

その長年の思いを叶える目的もあって、まずは倉敷に向かいました。

f:id:blueskymayuri:20190324233745j:plain

それにもちろん、久しぶりの大原美術館も楽しみ♪ 

一昨年行ったスイスのセガンティーニ美術館。彼の絵が大原美術館にあるのです。それが見たい!

 

4泊もするんだからゆっくり出発でいいんじゃない?というchiakiちゃんを無理やり早起きさせた私。その私が前の日になってやっぱり早すぎたかな?なんてひるんでしまった~^^ ははは、でも結果、大成功でした。

f:id:blueskymayuri:20190324235212j:plain

頑張って早起きして、7時半発のANAの飛行機にて岡山空港へ。岡山空港から倉敷行きのバスに乗り込み、午前9時40分には倉敷駅に到着してました。ANAの航空チケットはこつこつと毎日のお買い物でマイレージを貯めてます^^

旅館くらしき 良かった~♪ 美味しかった~♪

大原美術館 やっぱり心踊りました♪

もう一つ大原家住宅がなかなかでした。

もう一つ、林源十郎商店 良かった♪

などなど、また明日書きますね。夜遅くなっちゃいました。寝ることにします^^

では、おやすみなさい

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。