Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

E・J・H コーナー@シンガポール植物園

今からちょうど10年前のこと、28人の仲間と一緒にシンガポール植物園の本を作りました。それはこんな本です。

Rimg0168

シンガポール・ボタニックガーデン(シンガポール植物園)の主な熱帯植物250種類が網羅された日本語で初めての植物園ガイド本です。

今は残念ながら、植物園がかなり変わってしまった事もあり、絶版となってしまいましたが、自分たちで、実際に観察をして、つたないながらイラストも描いて作ったとても素晴らしい手作り本であると自負しています。

絶版になってしまって、とても惜しいので、チャンスあるときにはスキャンして、このブログに載せていきたいなと思っています。

さて、おととい、このシンガポール植物園の大好きな元東大教授のO先生とお会いするチャンスがあり、かつて副園長であったE・J・H コーナーさんについて話をするチャンスに恵まれました。

 

彼は、日本に負けたイギリスの植物園と博物館の貴重な文化遺産の保護を求めて、一人で日本軍に乗り込んでいった人でもあります。

彼について、5ページにわたって、keikoさんが書いてくれた記事があります。

お時間のある時に、ぜひ読んで頂けると嬉しいです。

これを書いたkeikoさんは、今は天国です。

きっと彼女も嬉しく微笑んでくれることと思います♪ 素晴らしい文才のある仲間でした。

植物園には、コーナーさんが住んでいたコーナーハウスがあります。とても素敵な建物です。

th_IMG_2888.jpg

↑ 地球の歩き方からお借りしました。

      

素敵なコロニアル建築であるコーナーハウス、今はフレンチレストランになっています。美味しいですよ♪

 

下をクリックしてみてね。

https://tokuhain.arukikata.co.jp/singapore/2015/01/post_306.html

www.cornerhouse.com.sg
さて、食べ物情報はまたにして、keikoさんの記事をどうぞ。

 

f:id:blueskymayuri:20181211205358j:plain

f:id:blueskymayuri:20181211212346j:plain

 

f:id:blueskymayuri:20181211212410j:plain

 

f:id:blueskymayuri:20181211212306j:plain

 

f:id:blueskymayuri:20181211212448j:plain

読んでくれて有難う。

 

あー さぶっ!

突然、どかーんと寒いですね。

急激な変化に身体はついていきません。私は大丈夫みたい!なんて思っている人。もしや鈍いのでは? 

体を冷やさないように気を付けましょうね。

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。