Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

■ ヘッダ ■ 今年6月ピレネー山脈で見たナルキッスス・アプスキッスス ピレネー山脈フランス側で。草原に広がって咲くさまは見事だった! 

ジャノメエリカ

      f:id:blueskymayuri:20180214162218j:plain

ジャノメエリカ 学名:Erica canaliculata

日本でも庭木として定着している種です。樹高は2mほどの低木になります。主な開花期は晩秋11月から~春、満開時は枝が花にびっしり覆われます。花は4mmほどのピンクの壺形です。

黒い葯がを花の中からのぞかせる姿がから蛇の目と言われます。

なかでも、現在広く普及しているのは濃いピンク色の園芸品種レッド・クイーンだそうです。

南アフリカのケープ地方原産の大型種。

 

f:id:blueskymayuri:20180214162255j:plain

エリカとは

アフリカ、ヨーロッパに600種以上が分布する常緑性の樹木です。分布する範囲は広いですが、9割近い種が南アフリカに集中しています。

英語ではヒース、ドイツ語ではハイデと呼ばれます。

日本では学名エリーカから、エリカと呼ばれることが多いです。

園芸では性質などの違いで南アフリカ原産種とヨーロッパ原産種にざっくり分けられます。

名前はギリシア語のエイレケー(砕く)に由来するとされます。エリカが体内の胆石をとる(砕く)薬効があるされていたため、そんな名前が付いたとされます。

(やさしい園芸より抜粋)

      f:id:blueskymayuri:20180214163029j:plain

横浜子ども植物園で今一番見頃だった花。(それだけ他に何も咲いてない・・・)

つぼ型が可愛いですね。

この寒さの中、これだけ元気に咲いているなら越冬可能ですね。

マンションのお庭に植えてみようかな。

f:id:blueskymayuri:20180214163048j:plain

何だかエリカを見直しちゃいました。

ジャノメエリカいいな~

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。