Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山形県 百名山「鳥海山」8月4-5日

上三依水生植物園@那須3山縦走+手白沢温泉の旅4

2日目、トンボ作りを終えて、次に向かったのは、日光市上三依水生植物園」(かみみより水生植物園)

 「上三依水生植物園」といえば、青いケシで有名な植物園です。青いケシを見にここに行くバスツアーもたくさん出てますね。

私がまだヒマラヤとかで自生の青いケシをまさか見ることになろうとは思ってもいなかった頃、こんなに会津に毎年のように来ることになろうとは思ってもいなかった頃、この水生植物園のポスターを見て、行ってみたいな~、青いケシを見てみたいな~と、心を馳せていた場所です。

そんなに昔の事ではないですよ、ほんの8~9年前の事。

この8~9年で随分と私の生活も変化したものです。

 

f:id:blueskymayuri:20181017201758j:plain

 この日、予定していたハンターマウンテン塩原の紅葉がイマイチという事で、急遽予定変更しました。私、前から行ってみたいと思ってたの~ とはonoderaさん。じつは私も同じ! 

入場料も9月から11月は500円が300円になります。ちょっとお得!

この時期、何が咲いているかな?

という心配は全く無用でした!

入口のコスモスで、もうストップしてる^^

 

f:id:blueskymayuri:20181017202234j:plain

この季節何が咲いてるかわからないけど、行ってみましょう!

結果、大好評♪ 植物好きには、とっても楽しい場所でした。

f:id:blueskymayuri:20181017201935j:plain

 ↓ 入口辺りに咲いていた

ピンク&白のツリフネソウはハナツリフネという名前だそうです。初めて見ました。

f:id:blueskymayuri:20181017201608j:plain

 植えられているものは、ほとんどが園芸種ですが、楽しいです。

 

f:id:blueskymayuri:20181017211222j:plain

イワシャジン

f:id:blueskymayuri:20181017211738j:plain

ホトトギス 園芸種

f:id:blueskymayuri:20181017212221j:plain

シオンが花盛り この淡い薄紫の色に惹かれて、ずいぶん長い時間ここにいました。

何て、やさしい色なんでしょう。

      f:id:blueskymayuri:20181017212000j:plain

園内はこんな風に植物生体に合わせて、色々なゾーンに分かれていますf:id:blueskymayuri:20181017213408j:plain

水生植物園だから、ここが一番の見ものがあるのかな?

睡蓮、アサザサワギキョウコウホネなどが見れるみたい。ベニコウホネというのが見てみたいなー

f:id:blueskymayuri:20181017212831j:plain

今、まともに見れるのは睡蓮ぐらいでした。

そうそう、尾瀬を思い出すヒツジグサもありましたー

f:id:blueskymayuri:20181017212543j:plain

ふふふ、きりがなくなるので・・・

一枚にまとめてみました。何となく雰囲気を感じて頂けるでしょうか?

園内の雰囲気じゃなくて、私達の楽しい雰囲気ですよー

f:id:blueskymayuri:20181017220620j:plain

 

真ん中の黄色い実、赤い実と言ってもいいのですが、こぶしの実です。こんなにぶら下がること、知ってました?

へーーそうなんだ~と、思う人多いと思うな^^

 

もうひとつ、自分への覚書き

この実が印象的でした。覚えたいものの一つ。

キレンゲショウマの実です。

     f:id:blueskymayuri:20181017221053j:plain

f:id:blueskymayuri:20181017221123j:plain

キレンゲショウマ ずいぶん見てないな。

 

最後に、青いケシが見れるであろう場所が数か所ありました。

今は更地でした。

青いケシはどうやって育てるんでしょう?

何の種類が見れるのかな?

赤いメコノプシス・プニケアも見れるのにびっくり!!!

実際に自生しているのが見てみたいプニケアです。

青いケシは一年草とも聞きました。

育てたのを持って来て植えるんでしょうね、きっと。

調べてみようかな・・・

 

次に向かったのは、日向地区にあるお蕎麦屋さんの「ひなた」

新そばだったのかな? あっさりとしたお蕎麦でした。

f:id:blueskymayuri:20181017222713j:plain

 

f:id:blueskymayuri:20181017222020j:plain

f:id:blueskymayuri:20181017222044j:plain

 お腹いっぱいになったので、さあ、次は手白沢温泉に向かって歩き始める女夫淵へと向かいます。

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。