Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

スミレ2@キルギス・雪どけの花の旅32

 

道端の花を楽しみながら、車はひたすら峠を登って行きました。

へアピンカーブが続きます。

見事な景色です。

 

f:id:blueskymayuri:20190907094904j:plain

標高3500m位の峠のピークでSTOPしました。

 

f:id:blueskymayuri:20190907094949j:plain

これは撮らずにはいられない景色です♪

Kさん、いい写真撮れましたか?

Kさんのブログ、「バラの庭から」にリンク(PC版で)しています。

https://ameblo.jp/kuroyuri1980/

ぜひご覧下さい。

足元にはトチナイソウの仲間が可愛く咲いてます。

 

f:id:blueskymayuri:20190907095752j:plain

Androsace sericea

Primulaceae - Primuloideae
Androsace sericea (Ovczinnikov 1952)
Native to Kazakhstan, Kyrgyzstan, Tajikistan

いかにも高所に咲く愛らしい花の姿ですね。

この花がどんな所に咲いているのか、やはりそれを写真で伝えたい!そう思って挑戦したけど、遠景を入れて写すのって、何度もトライするけれど難しいです。

もちろん、これも地面に這いつくばって撮ってます。

いつか言われたな~~

あられもない姿!ってね♪ 

いいのよ、いいの^ ^

 

f:id:blueskymayuri:20190907104122j:plainせっかくだから、花の詳細をもっと表現したい気もしますね。

 

f:id:blueskymayuri:20190907104329j:plain

花の詳細も見れて、遠景も入ってる写真にしたい!と、もっと近づいてみて、花にピントを合わせると、今度は山がもっと薄っすらになってしまいます。

それは仕方ないかな?

山は呆けていても雰囲気が伝わればいいので、私はこちらの方が好きですね。山と花、両方と言う訳にはいきませんものね。

どちらを表現したいか、それが伝わる写真の方がいいと思います。

 

周りはこんな場所でした。

f:id:blueskymayuri:20190907105148j:plain

f:id:blueskymayuri:20190907105220j:plain

今日のタイトルのスミレはこの斜面に咲いてました。

 

これかい?と言われるかもしれませんが、

これです^^

f:id:blueskymayuri:20190907105401j:plain

側弁に見事な御ひげ。

 

f:id:blueskymayuri:20190907105523j:plain

葉にも、短毛がけっこうびっしりと!

 

    f:id:blueskymayuri:20190907113416j:plain

葉にも切れ込みが入ってるし、肉厚だし、面白い。

名前はわかりません。

またまた、どなたか~~^^  教えて下さい。

といっても、花に関心を持つほど、キルギスの人達は、まだまだ余裕がないし。The flora of silkroad の著者のクリスくらいしか知る人無いかもしれませんね。ツアーリーダーのmatsuさーん、ブログ見たら教えて下さい。

彼女はあさってからエクアドル!!!

ゆっくりお返事御お待ちします!!!

わかりました!!!

MMさんから名前を教えて頂きました。

有難うございます!!!

Viola dissecta Ledeb. のようです。

エイザンスミレと遠い親戚でしょうか?

 

f:id:blueskymayuri:20190907112304j:plain

数日前に載せたスミレが左、今日のは右です。

横顔は・・・

 

f:id:blueskymayuri:20190907112454j:plain

花の直径は2.5cm位でした。

別に名前は知らなくてもいいんですけどね。

こんなスミレもあるんだという事に興味津々なのでした^^

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。