Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

朴念仁@修善寺

修善寺でお昼を食べるなら、まず第一は朴念仁の蕎麦でしょうか?

まずは、有名どころのお蕎麦を食べに行ってきました。

修善寺でお参りをして、川を渡り竹の径をぶらりぶらり。

この辺の筈だけどね~と、歩いていると、泊まってみたい宿、第一候補の「あさば」が!!!目の前に!!! 

おおー、ここが、かの有名な「あさば」!!! 

娘に分かりやすいように説明です。あのね、サッカーのキャプテンだった長谷部がね、一人で休みたいと思う時には、ここに泊まったらしいよ~~

へー、そうなんだぁ~

中に能舞台があって、人気一番の宿なのよ!高いんだけどね~ いつか家族で泊まりたいね~

へー、そうなんだぁ。良さそうだね~ 家族で一度は来たいね! お金貯めなきゃね~ ですって^^

思えば叶う精神で頭の中に入れとこう!!!っと、いう事になりました^^

 あさばは、修善寺の宿坊として代々受け継がれて来た宿です。日本の美しい伝統を伝える宿と認識しています。

あさば→

http://www.asaba-ryokan.com/sp/

 

などと、目的の蕎麦屋さんの朴念仁に行く途中、素晴らしい門構えの「あさば」をまず見学することとなり、宿の前に止まっていた、おそらく寝具の洗濯屋さん?のトラックの運転手さんに聞いてみました。(だって、洗濯物をいっぱい抱えてトラックに運んでたもので・・・)

「あのー、朴念仁はどこですか?」

その運転手さんの優しい事! 丁寧に教えて下さいました。聞かなくては行き過ぎているところでした。

「ゆっくり、楽しんで食べて下さいね♪」ですって!!!

いい人だぁー

ママって、すぐに親しそうに聞くんだから、恥ずかしいよ~~という娘。そーかもね~ 私だって、あなたぐらいの時は聞けなかったかも。と、内心思いつつも、言い返します! だから人生楽しいのよ~ ね!?! いい人だったでしょ~ 誰かと話すと、楽しくなったでしょ?!? 人って、皆同じだよ!いい人だよ!!!

 

さて、行き過ぎた道を100mほど戻り、目的の「朴念仁」に着きました。

 

f:id:blueskymayuri:20191207191129j:plain

 

    f:id:blueskymayuri:20191207191225j:plain

 

並んでいる人は、まだ誰もいませんでした。 この時、11時40分。ちょうどいい時間だったみたいです。帰るときには沢山の人が待ち状態でした。

すぐに案内されてスムーズ♪ すぐに席に案内して頂きました。

100年の古い旅館を改装して作られたお店で、座るテーブルも7つだったかな?

全部で22人しか座れないようです。一人の方が作っていらっしゃるようなので、仕方ないですね。

 

       修善寺 朴念仁 店内の写真
お店のHPより こんなお部屋です。

 

f:id:blueskymayuri:20191207191922j:plain

蕎麦は細めの十割蕎麦。つなぎを入れずに水とそば粉だけで手打ちの十割そば。

天せいろのかき揚げが美味しいらしいです。

 

そこで、天せいろごま汁蕎麦を注文して分けて食べることに。

 

f:id:blueskymayuri:20191207192322j:plain

細挽きの艶のあるお蕎麦でした。

 

f:id:blueskymayuri:20191207192454j:plain

娘は十割蕎麦は初めてだとか・・・

すまんね、おかあさんばかり楽しんでます、お蕎麦~~笑

桜エビのかき揚げが、なるほど! 納得の美味でした!

蕎麦は美味しいです!が、かなりあっさりしているので、つるつるッとあっという間に終わっちゃいましたぁ。

男性の方は物足りないかもしれませんね。お代わり必須かも。

私は、久しぶりにごま汁で食べれて美味しかったな。

         f:id:blueskymayuri:20191207193901j:plain

 

f:id:blueskymayuri:20191207193110j:plain

宿の朝食の量が多かったから、私達は大満足♪

美味しかったねーで、にこにこでした。

 

    f:id:blueskymayuri:20191207193226j:plain

 

修善寺にいらっしゃることがあれば、ぜひ食べにいらしてみて下さい。

朴念仁→

http://ginza-sasuga.jp/bokunenjin/index.html

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。