Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

あんぽ柿作りとオボコンベ山登頂♪2

11月15日

福島市内から車は北上して、宮城県に入りました。
なんていいお天気なのでしょう!

どこもかしこも輝いています。

今日は山日和だべ!!! 

うんだ、うんだ!!!

 

f:id:blueskymayuri:20191210213402j:plain

目指すは、秋保温泉(あきうおんせん)の奥座敷に位置するオボコンベ山。あまり知られていない山だそうですが、名前が面白そうでいい感じ。おぼこというのは赤子という意味で赤子をおぶったように見える山容なのだそうです。

3日前に下見に行って下さっていて、その時は紅葉がバッチリだったとか・・・

お天気が良ければ行くべ!!!と言われてました。

行ってみて、よーく分かりました。

お天気悪くては絶対登りたくなかった!!!

それは何故か!!!笑

いやー、障害物競走(山バージョン)を楽しんだ気分でした♪

沢歩きあり、マンモス岩あり、断崖絶壁あり、岩場の急降下あり、小さなエリアに色んな要素が凝縮していて、次から次へと現れる目の前のあり様を受け入れ、ただただ前進するしかないのでした。苦笑

でも、色んな経験が出来て、面白かった♪ 岩場の急降下は、ちょっとド真剣になりましたがねーー。

青空と紅葉が元気をいっぱいくれました。

 

f:id:blueskymayuri:20191210213017j:plain

まずは沢歩き♪

もう私はるんるん♪ 沢歩き大好きなのです。

なぜか、川が大好き!!!こういうところを子ウサギのごとく、ぴょんぴょんと石飛びをして飛んで歩くのが大好き♪ 水の中を歩くのも何故かへっちゃらなんです。

超うれぴぃ!!!

 

f:id:blueskymayuri:20191210214212j:plain

f:id:blueskymayuri:20191210214302j:plain

おおー、ハート形♪

 

f:id:blueskymayuri:20191210215117j:plain

いい景色だわー

 

f:id:blueskymayuri:20191210215223j:plain

向こうに紅葉の綺麗な山が見えてきた~

 

    f:id:blueskymayuri:20191210215732j:plain


ニイケンガイドさんからお達しが出ました。

ストックは収めて下さい。かなり急登になるので、両手でしっかりと木や笹を掴んで登って下さいね。

はい!とは言ったものの、沢から離れた途端、本当に大嫌いな急登が突然始まりました。

どひゃー、ほんとに急だわ~~苦笑

 

    f:id:blueskymayuri:20191210215545j:plain

kayoさん、必死で両脇の木の枝を掴んで登ってます。

その調子、その調子。

 

f:id:blueskymayuri:20191210220403j:plain

途中には

おそらくイワウチワやショウジョウバカマと思われる葉っぱが! 特にイワウチワの葉っぱが沢山見られました。

 

f:id:blueskymayuri:20191210220544j:plain

こっちはショウジョウバカマかな?

 

f:id:blueskymayuri:20191210220900j:plain

ただいま、白い矢印を登っております。

もう少し登ると、マンモス岩があるはずです。

まだかいな~~??

 

f:id:blueskymayuri:20191210221139j:plain

ほーー

いい景色が広がってる。

仙台の街かな? いいねー、まさか、この時期に紅葉が見れるなんて思ってもいなかった~~

 

f:id:blueskymayuri:20191210224558j:plain

ひー、ふー、、、(;'∀')

もうちょいだよ~ 頑張って!!! kaoriさんが元気づけてくれます!

が、、、下りてから言われました。

あのねー、山登りに来てるんだから、登りが嫌いだとか、下りが嫌いだとか、わかんねぇーー 

登らなにゃ、山頂に行けねえし、下らにゃ、帰れねぇさ!!!ってね。笑 あなた達は山登りにいらしてるんですよね~~笑 ってね。

 

はい、その通りでございますぅうううう。

 

    f:id:blueskymayuri:20191210221654j:plain

    f:id:blueskymayuri:20191210221748j:plain

マンモスの鼻の下から、遠くを覗くと・・・

 

f:id:blueskymayuri:20191210222031j:plain

オレンジや黄色の樹々が可愛く輝いてます。

可愛く燃えてる~~

いいねー この景色で断然元気復活!!!

左もこれです、この景色。

隣りの桐の目山が今年最後の輝きを見せてくれてます。

燃えてる~~!!!

 

f:id:blueskymayuri:20191210222314j:plain

クリアーな景色です。

健脚なら、さっさとあの山を越えて帰れるらしいですが、私達だと日が暮れる~~

いあやー、あの急な登りを見ただけでご遠慮ですぅ。

 

と思ったけれど、え?!? これを登るのね~~ 大差あるものの、こちらも結構大変でした。

これです、この最後のよじ登り。

 

    f:id:blueskymayuri:20191210223404j:plain

お尻で失礼。苦笑

ほい、登頂おめでとう♪

 

    f:id:blueskymayuri:20191210223528j:plain

やったねー

無事登頂出来ました。

山頂はそんなに広くないので、我々で占領。

 

f:id:blueskymayuri:20191210223909j:plain

安斎さんちのjikkaで握ったおむすびやkaoriさんの手作りのカブの酢漬けや高徳のりんごや諸々、とても美味でした。

有難うございました!!!

 

    f:id:blueskymayuri:20191210224652j:plain

素晴らしい眺望が広がり、遠くは金華山迄見えました。

こんな日もあるんだね~、珍しいよ~とは、ニイケンさんでした。

 

f:id:blueskymayuri:20191210224304j:plain

登頂NO203 オボコンベ山595m

ガイドのお二人、少々考えてらっしゃいましたが、ニノケンさんがこっちから縦走して帰るか~~とのお言葉。

同じ道を引き返すより、違う道が楽しい!とは言ったものの、まさかこんな道が待っていようとは・・・

 

f:id:blueskymayuri:20191210225112j:plain

    f:id:blueskymayuri:20191210225241j:plain

現実は写真よりかなり急です。

下りてる本人は、まさに崖を直下してる感じでした。

こんなところ初めてです。

 

    f:id:blueskymayuri:20191210222956j:plain

皆 お転婆ばあさんですこと! 無事で何よりでした。

f:id:blueskymayuri:20191210220900j:plain

山頂からの下りを見るとよく分かります。

あんなところを下りたのねーーー冷汗。

超集中、超真剣でした。

ボケ予防にはもの凄い効果だったこと間違いなし!!!

脳のシナプスがいっぱい繋がったはずです。

いやー、緊張しました。

初心者のsakaiさん、もうこんな経験しちゃって凄い!!! ビビったよね!? ご苦労様でした。

 

f:id:blueskymayuri:20191210230156j:plain

 

    f:id:blueskymayuri:20191210230231j:plain

綺麗な紅葉、黄葉に包まれ、枝や岩にしがみ付いて登ったオボコンベ山。

刺激いっぱいの山歩きでした。

思いがけず、10月、11月と訪れた福島の山旅。

kaori&niikenさんには大変お世話になりました。

至れり尽くせりの心遣いに心より感謝です。

また来年楽しく歩きたいですね。

 

オボコンベなんて、難しい名前で覚えられない~と言っていた山は、余りにも刺激的で忘れられない山となりました。

一緒に歩いてくれた仲間にも心よりの感謝です。

また、わいわい賑やかに歩きましょう♪

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。