Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

礼文島 ゴロタ岬に咲く花

リベンジしたよ!次郎岌!

書きたいことは沢山あるのですが、時間が無いのでひとまずこれだけは。今日2個目の記事、頑張って書いてます。

剣山登頂の翌日、去年ガスガスで逃した次郎岌登頂もリベンジできました。朝陽も素敵で、娘たちは星もしっかりと見たようで素敵だったとか。何もかもが初めてで大興奮してました♪ 

それに、なななんと!今年もまたブロッケン現象が見れたのです。

  

ね!凄いでしょ!3人で大興奮でした。ツイてる!!!

朝陽は・・・

雲が少々あって、綺麗にまん丸には見えなかったけれど、ピンクに染め上げた空はそれは素敵でした♪

さぶい!!!でも楽しい~~^^

   
気温0度ざます(⌒∇⌒)

   

かわゆい

ヒュッテのこちら側からは淡路島も良く見える

来年は淡路島行きたいね~ 日本国で最初に出来た島だって!四国は2番目で九州は3番目、そして本州、北海道の順に出来たとか。。。

さあ、朝ごはん食べて出発しましょ。いよいよ次郎岌(じろうぎゅう)だよ。

岌(ぎゅう)って何か知ってますか?背負子の事。何かを入れてる山ってこと? 剣山のことを太郎岌ともいいます。ソロモン伝説の剣山。消えたソロモンの秘宝が隠されているとも言われてる。色々面白いんです~ が、今は時間がないのだった。。。残念。また書きたいですぅ。

なんでそんなに急いでいるかというと、明日から五島列島に行くのです!なので大急ぎ、大急ぎ!!!

あー、めちゃくちゃ素敵だったのに時間がない。又ゆっくり書きたいな。

去年はガスってた全く見えなかった次郎岌。すてきな稜線が目の前です♪ 四国らしい美しさ。ミヤマクマザサで覆われた草原のようなこの景色。なかなか他では無いですものね。

今一度剣山を堪能して、次郎岌へと向かいました。

次郎岌への登り口で男性がのんびりと休んでらっしゃいます。「おはようございます。今から次郎岌ですか?」「おはよう!いい景色だよね。もう嬉しくて、嬉しくて!動けないんだよ~~~」もう本当に少年のように嬉しそう。そのオジサマを見て娘はあんな少年のような表情のおじさんを見たのは初めて!高齢の人が、山では、皆、子供のように楽しそうだね~~感動した様子でした^^ 

最初は下り・・・最後はかなり急登。ひーふーはーふーでしたが、どうにか・・・久しぶりで筋肉落ちたかな・・・ふー 若い人と登るといつものペースが分からなくなる。。。

上の方は紅葉はほぼ終わり。でもまだ見応えあります。写真ではイマイチだけど意外に綺麗でした。二人は見とれてましたもの。

 

初っ端の下りでびびってた娘も登りになると全然平気。やっぱい若いねー

最後の登りを娘たちに応援されて、ひーふー頑張って、いよー、無事リベンジ達成できました。一緒に登れて幸せ♪ こんな日が来ようとは!

登頂NO337 次郎岌1930m \(^_^)/

360度 ぐるっと美しい! 

後を見ればこの景色 さあ、そろそろ下りましょう。

少年が頂上で駆けてる・・・(笑)

  

行きますわよ~

途中の分岐を左に曲がって、大剣神社経由で下山しました。

   

下から見上げる大剣神社とご神体の岩。

その下に御神水

   

手を清める。身体全部清めたつもり。

   

いつも有難うございます。

さあ、さいごの歩き。

下の方は紅葉真っ盛り 綺麗! リフトにて無事下山しました。

あ、そうそう、リフトの西島駅のトイレ、めちゃ汚いから行かない方がいいです。

そして、最後に一つだけ。

剣山山頂にとても綺麗な水洗トイレがります。その前の看板にこんな言葉が。3人でしっかりと心に刻んで帰りました。

自分が大いなる自然の最高傑作であることを自覚し、自然、先祖に感謝していただければ幸いです。

自分が大いなる自然の最高傑作であることを自覚

いい言葉です。最高の言葉です。

3人でこの言葉にひかれたことを喜び、感謝しながら下山しました。

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。