Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

有難うございました♪ 第12回ボタラバティータイム1

先週木曜日、お陰様で第12回ボタラバティータイムを終えることが出来ました。

有難うございました。

 

f:id:blueskymayuri:20200217120827j:plain

久しぶりの代官山の会場。場所が変わるのも気分が変わっていいですね。今まで、3か所で行っていますが、どの会場も大好き♪ 会場にもこだわりますよ~w

今回のメインゲストは、愛知県、安城市デンパークで活躍中の長澤亜紀子さん

カナリア諸島の植物やエキウム、ときどきデンパーク」

という題でお話頂きました。

 

f:id:blueskymayuri:20200217122015j:plain

お会いするのは、カナリア諸島に一緒に旅した時以来です。

わー、お久しぶりです!

と、挨拶を交わした亜紀子さんの手には、この花が。

お土産に持ってきました♪

「この花、なんて言う名前だっけ?」

「カナリナ・カナリエンシスです!」

「あー、あの斜面で見れたラッキーだった花だね~~」

「そうです、そうです。」

デンパークで育てたというカナリナ・カナリエンシスを持って来て下さいました。

 

カナリナ・カナリエンシス 

いい名前ですよね。カナリアが2回も繰り返されてます。

日本でも二回繰り返されている学名があります。

それは何でしょう?

植物じゃないですが、トキです。

学名Nipponia nipponニッポニア・ニッポン

へーでしょ?!

 

懐かしくなって、カナリア諸島の旅のアルバムから、実際に見たカナリナ・カナリエンシスを探して見てみました。

斜面で遠くに咲いていて、ガイドさんが手繰り寄せてくれました。見たのは、結局その時だけでした。それもいい具合に開いていたのは一輪でした。

見れてラッキー!!!だった花です。

 

    f:id:blueskymayuri:20200217151641j:plain

f:id:blueskymayuri:20200217151821j:plain

 

    f:id:blueskymayuri:20200217151520j:plain

カンパニュラですね~ 大好きキキョウ科です♪

 

さてさて、話は戻って

安城デンパークの目玉といえば、エキウムです。

↓ これはエキウム・ウイルドプレッティ

 

     f:id:blueskymayuri:20200217181842j:plain

 

京都府立植物園や最近ではディズニーシーなどのエキウム・ウイルドプレッティが話題に上り、5月の連休前辺りになると、ニュースでも取り上げられたりします。

根っからの植物好きの亜紀子さん。デンパークでエキウムを育て始めて、14年越しの夢が叶ってのカナリア諸島の旅だったそうです。私なんぞとはえらい違いのお方と旅が出来て幸せでした。

そして、ボタラバに話に来て頂き、やっぱり亜紀子さんは根っからの植物好きだわ~と、今更ながらに確信持てました。普段交われないタイプの人と交われることは面白いです。それも彼女は気さくで、超明るいから、ティータイムも楽しく過ごすことが出来ました。好きなことにひたすら没頭してる姿って、いいな~

明日はその亜紀子さんが生みの親のエキウムについて書きますね。

 

コロナウイルスにどうぞご注意下さいね。

無駄な外出はやめましょう。

 

 では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。