Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑ 新潟、国上山 キクザキイチゲとカタクリに癒される

北限のゆず

f:id:blueskymayuri:20201203065317j:plain

信夫山を歩いているとゆずを収穫している方に出会いました。

持ってっていいよ~

そういわれ、うふふ(´∀`*)ウフフ

 

f:id:blueskymayuri:20201203065457j:plain

ちゃっかり頂いて帰りました。

信夫山周辺にはゆず畑が広がってました。

青空に映えてゆずが輝いています。晩秋らしい和みの景色です。

え? こんな寒いところでゆずが出来るの?

柑橘類いっぱいの瀬戸内海で育った私の一番の疑問でした。

 

f:id:blueskymayuri:20201203070609j:plain

信夫山のゆずは「北限のゆず」なのよー

といわれて、へーそうなんだぁ。

「見た目は無骨だが皮が厚くて香りが強く味がいい」と評判なんだそうです。

温かい地域で育ったユズは、見た目はきれいで柔らかなのですが、信夫山のユズと比べると味も香りもだいぶ下がるんだそうで、私も数個頂いてるんるん♪ でもまだ食べてませんが・・・煮てみようかな。。。

信夫山では、江戸初期から栽培されていたようで、昭和元年の資料には栽培430本、産量約10トン、販路は遠く新潟・山形・北海道まで売られていたそうです。

現在では、温暖化の影響で岩手県までユズは出来るようです。

知らなかった~~

信夫山ガイドセンターの記事から学びました。

 

きのうからぐんと寒くなってきましたね。

体調気をつけましょうね。

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。