Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

↑山梨県 富岳秀麗十二景二番、 日本一名前の長い山「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」10月11日

チリ・アルゼンチン ロゼットビオラの花旅23 2013.12

2014年2月19日の記事です。

新種のロゼットビオラ@ロゼットビオラの旅23

         1img_5399002 
2013年12月25日、クリスマスの日、アルゼンチン・バリローチェの郊外で。
バリローチェって、ここです。南アメリカ大陸のずいぶん南の方ですね。

f:id:blueskymayuri:20211017135347j:plain

この日、嬉しいことに新種のロゼットビオラを見る事が出来ました。

この旅で
第9番目のロゼットビオラです。

名前は Viola escondidaensis
ヴィオラエスコンディダエンシス(ビオラエスコンディダエンシス)

これは本当に珍しいビオラ
最近新種として認められたばかりのロゼットビオラです。

それも、今回のボタニカルガイドのMさんが発見したビオラだそうで、ツアーリーダーのTMさんも初めてなので大興奮してらっしゃいました。

それもね、それも、日本人でこのビオラを見たのは、私が一番?!皆で探しましょう~そういう合図でキョロキョロしてたら、「あれっ?これですか?」

何と!うふふ、一番に見つけてしまいました。

毎回言ってますが、これがまたまた小さい!!!

まだ日本人は誰も撮影した事のないビオラだと思うと、写すのに緊張して力んじゃう!!!苦笑

一つ一つの花がきりっと首をあげて立ち上がっているような姿です。

背丈は5cmもなかったと思います。3-4cmぐらいかな。

寝そべって撮るのに、これまた私達は砂だらけ。皆、熱心だから~ 夜、シャンプーしたら、砂がザラザラで、お風呂のバスタブに砂が貯まって貯まって~、コップの水でその砂を流すのが大変でした。シャワーが備え付けられてて、シャワーヘッドは動かないの・・・苦笑

     

このビオラ、なんだか、おほほ!っと、笑ってるようにも見えますね。

おしゃまなビオラかもしれません。

      

      1img_5368

いつものように靴と比べましょう(⌒∇⌒)

     

ビオラ(すみれ)のイメージをまたもや覆されました。

      1img_5493
右がこのビオラの発見者、植物学者Mさん。左がTMさん。

念願のビオラが見れて一安心のことでしょう。 

一仕事終えて次のまだ見ぬビオラの話かな? まだ見ぬオレンジ色のロゼットビオラがあるんですよね!ええっ!私も見たい~~!来年かな? 新しいアルゼンチン・ロゼットビオラツアーが企画されると思います。ぜひ見に行きたいものです。

延々と続くブッシュ。案内して下さる方がいないと探せるものではありません。このツアーの存在は本当に貴重です。

アルパインツアーネイチャリング事業部 どんどん宣伝しなくちゃですね~

プラントハンターTMさん、これからもますます頑張って下さい。

お蔭で私の楽しみも広がります。

感謝

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。