Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

礼文島 ゴロタ岬に咲く花

日和田山~物見山コース@日和田山2

和田山に登って、はや1週間が経ってしまいました。

楽しかったので、早く書きたい!と思えど、色々あって、、、ヒヨドリ騒動が果てしなくて・・・一昨日なんぞは、ヒヨドリがマンションの建物の中に入り込んで、高い天窓でバタバタしてます。業者に頼めば約10万円とか!!!え?たかが鳥一匹に10万かけるの?そりゃ、無いでしょ!

鳥一匹に捕獲するのに、人間様もバタバタ大騒動でした♪ 

無事逃がしてやれました。でも、仲間はもうどこかへ行っちゃって・・・大丈夫かな?仲間に会えるかな???

さあ、今日こそは山歩き書きます(⌒∇⌒)

 

コース:西武池袋線高麗駅~日和田山~高指山~物見山~武蔵横手駅

ゆっくり歩いて、ランチ休憩も入れて、約4.5時間。お喋りしながら楽しい歩きが出来ました。

f:id:blueskymayuri:20220115183350j:plain

高麗駅前にはこんな大きな柱が!

これなあに?

気になったことは早速解決!!!笑

近くにある高麗神社にちなみ、「天下大将軍」「地下女将軍」と表記された、朝鮮半島道祖神将軍標」(しょうぐんしるべ)と、いう魔除けなんだそうです。

ちなみに、高麗神社にある将軍標はこれ。

ウィキペディアより

「高麗(こま)」という名前は、朝鮮半島の「高句麗(こうくり)」と深い関わりがあったことを表してますよね。

調べてみると、この辺りには、約1300年前、716年(霊亀2年)に、「高麗郡」が置かれ、高麗人たちが沢山移住してきたのだそうです。

高句麗は、中国の東北部から朝鮮半島にかけて約700年間(紀元前37年頃から668年(天智7年))栄えた大きな国。しかし、その高句麗は、唐(今の中国)や新羅と戦い、戦いにやぶれ、668年(天智7年)に滅んだのです。 国が無くなってしまったため、多くの人が海を渡って日本に来て、その人達を日本では「高麗人」と呼んだのです。

ここをクリックすればもっと詳しく分かるよ。→高麗郡建郡1300年の歴史と文化/日高市ホームページ (hidaka.lg.jp)

 

さあ、巾着田方面へ向かって歩き、駐車場横の田部井淳子さんの石碑にお参り。

f:id:blueskymayuri:20220115183458j:plain

そして、本格的に山の気分になり歩き始めました。

f:id:blueskymayuri:20220120162825j:plain

f:id:blueskymayuri:20220121131127j:plain

まずは日和田山山頂へ

恐らく1時間弱で山頂かな?!と、気持ちよく林道を歩き始めたら・・・

ぅおっとー!!!

なんじゃらほい!!! おまえさん、こんなところにいていいの???

 

f:id:blueskymayuri:20220121131534j:plainいやーん、久しぶりのカモシカ!!! いつもですが、じっとしてます。しかし、あまりに近くて、こっちに向かってきたらどうするの??? とも思ってしまった!それほど目の前でした^^

カモシカは世界に13種いるそうですが、日本にはニホンカモシカだけ。雌にも雄にも角があるけど、鹿みたいに生え変わりません。そして、鹿は一夫多妻制だけど、カモシカは一夫一妻制なんですよ。私が知ってるのはそれくらい。あと、そうそうカモシカは牛の仲間~!

あとは自分で調べてみて下さいねー 先を急がなくちゃ~です^^ 

いやー、それにしても幸先いい山歩きでした♪

私、カモシカ大好き♪ 

さて、少し歩くと

一の鳥居到着しました。

f:id:blueskymayuri:20220120163646j:plain

ここを過ぎてすぐに、女坂、男坂に分かれます。

f:id:blueskymayuri:20220120163122j:plain勿論、男坂選択。

少し歩くと、水の流れがあって渡ってすぐを山の方へ上がっていきます。ここからが岩場、ロープがあるのよ~と聞いてたけど、もう取り除かれてありませんでした。ロープを使うほどでもないですね。いい感じの登りです。

と言ってもこんな感じでよじ登ってますが・・・

元気です、皆。楽しい♪

f:id:blueskymayuri:20220121132909j:plain

初心者でもたいした距離ではないので、ちょっと頑張れば、見晴らしのいい金比羅神社へ到着です♪

f:id:blueskymayuri:20220120163446j:plain

ヨイショ!

f:id:blueskymayuri:20220120163515j:plainたか女さーん、もうちょっとよ!

f:id:blueskymayuri:20220120163540j:plainバンザーイ! 登れたわ! 

じつはこの日、たか女さんのお誕生日。まだまだ秘密。あとで乾杯!!!

 

f:id:blueskymayuri:20220120163610j:plain

振り向くとこの景色。そして初めて知りました!巾着田って、丸い巾着の形してるから巾着田なのね~~ がってん、がってん、がってん!!!

9月にまた来たいね!あそこがヒガンバナで真っ赤になるんだね。

遠くにスカイツリー西武ドームが。ほらね、見える、見える!

気持ちいい~!!!

そうそう、富士山も。

今日も富士は最高♪

f:id:blueskymayuri:20220120163740j:plain

f:id:blueskymayuri:20220120162753j:plainこれは笑顔しか無いっす!

ボタラバ登山部、今年も良き始まりなり。

良き年にしよう(⌒∇⌒) 沢山登るよ!!! どんな一年が待ってるのかな。

ここは

    f:id:blueskymayuri:20220120163717j:plain

金比羅神社、二の鳥居。ともちゃん元気でGood!!!

f:id:blueskymayuri:20220120163802j:plain見晴らし良く、女坂を歩けば気楽に来れるので、小さな子ども達ものんびり山を楽しんでました。

もうちょっとで山頂かな?

あと、5分ほどで山頂到着。

山頂からも見晴らしが素晴らしい。こんな低山でこの景色とは、これは人気の山だわ~

若い人たちがのんびりとゆるり体操してました。

f:id:blueskymayuri:20220120163826j:plain

命の洗濯ね、若者ガンバ!

山頂には大きな塔がありました。これなあに?寶篋印塔(ほうきょういんとう)です。梵字はキリーク。

キリークは、千手観音菩薩。せんじゅかんのんぼさつ。子年生まれの梵字
千の慈眼と慈手で一切の悩みを救い、願い事をすべて叶えてくれるという観音様といわれています。

 

f:id:blueskymayuri:20220120163926j:plain登頂NO281 日和田山305m \(^_^)/

お天気よすぎて、影強し。

まだ時間あるから先に進みましょう。物見山方面へ下ります。

道の両脇は、さほど、珍しい植物は無いけれど、フユイチゴカンアオイ、シャガなどなどかな。

お次は高指山、最近、山頂の標識が出来たみたい。ちょうどおじ様がいらしたので、シャッター押してください♪ 有難うございます。

f:id:blueskymayuri:20220120163954j:plain登頂NO282 高指山332m \(^_^)/

続いて、物見山へ。

途中、駒高集落があって、とても綺麗なトイレありです。お茶屋「ふじみや」があるのですが、冬場はやってませんでした。

 

f:id:blueskymayuri:20220120164031j:plain登頂NO283 物見山375m \(^_^)/

ここでランチ。そしてたか女さん!ハッピーバースデー♪で乾杯!!!

さらっとおっしゃいました。79歳よ! 素晴らしい!!!です!!!

見習う人がいて幸せです^^  まだまだ一緒に歩かせて下さいね。経験豊富なお姉さまにはいつもいつも元気と知識と知恵をたくさんたくさん頂いています。有難うございます。お元気で!!!

f:id:blueskymayuri:20220120164202j:plain

お誕生日おめでとう!!!

さあ、北向地蔵へ向かい、そこから五条の滝経由で武蔵横手駅まで下りていきます。

      f:id:blueskymayuri:20220120164242j:plain

f:id:blueskymayuri:20220120164324j:plain

北向き地蔵から川沿いに下る道の両脇はシャガが特にたくさん生えていて、春はさぞ綺麗でしょう。

昔は無料だった五条の滝。今は持ち主の方が整備されて、入場料200円。かなりお金かけて整備された模様。入口で聞いてみると、二宮尊徳の7代目の方らしいです。私も二宮ですが、うちはかなりしがない末裔です~(笑) って、ご挨拶しときました^^

                 f:id:blueskymayuri:20220120164439j:plain

お金払わなくちゃ、滝は見れなくなったのね。。。


f:id:blueskymayuri:20220120164421j:plain


f:id:blueskymayuri:20220120164355j:plain

高指山辺りまでは、フリース一枚で気持ちのいい登りでしたが、下りは結構暗い杉林も多くて、陰気ムードですが、お喋りしてたらどこも楽しい♪ 後半は、一人じゃ、ちょっと怖いかもですね。

このコース、おススメ記事が多いのがとっても納得できました。初山行、楽しく終える事が出来ました。気持ち良かった~!!!このコースは何度行ってもいいかも。ちょっとコースを変えて、違う季節で大いにリピありですね。

カモシカですもの、尚更です!!!

初心者にも程よいいいコースです♪

f:id:blueskymayuri:20220120164521j:plain

 

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。