Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

礼文島 ゴロタ岬に咲く花

続 六花の森@北海道アポイの旅 3

六花の森、水の流れに沿ってエゾノリュウキンカ

この花を見ると北海道に来たな~と思う。そんな花。フキに似ているので「ヤチブキ」と北海道人は呼んでます。

リュウキンカより大きい。北海道の花はどれも大きくて目に飛び込んでくる。のびのびしてるんですよね、すべてが。

 

   

この小川の向こうに視線を移せば、遥か向こうは広い丘になってるんだけど行く時間なかった~

丘の手前、ちょっと茶色っぽい色になっているのは「ハマナシ」よく私達は「ハマナス」といいます。前に行った時には花が咲いていたけれど、今回は元気復活の為に低く強剪定したばかりでした。

5年前の7月の様子↓

「はまなし」と「はまなす」については、こんな説明があります。坂本直行さんは六花亭の花を描いた画家。

今の季節の写真と比べると面白い

目線を少し左にやると・・・

花盛りの大木が。きっとエゾノコリンゴだと思うけど・・・

楽しそうに撮影会♪

この時kaoriさんが飛んできて、凄いの~クロユリの群生が!来て来て~というお呼び出し^^ なになに??? クロユリ? 群生? イイじゃないですか!!!w

むひょーwww

 

   

終盤に差し掛かってて、雄蕊の綺麗なのが少ないけど、これだけ沢山咲いてると見応えあるね。自然じゃなかなかこうはいかない。

クロユリ大満足(⌒∇⌒)

北海道お馴染みセンダイハギ

   

クリンソウ

   

そうそう、念願のオオバナノエンレイソウもギリギリ見れました。

   

が、やはり大群落を見に行きたいな。

↑ともちゃん提供

癒しの森「六花の森」今回も又素敵でした。

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。