Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

礼文島 ゴロタ岬に咲く花

いよいよ!利尻山@利尻、礼文島花の旅 7

2022.6.28 朝4時 
いよいよです。
本当に登るのね!2年越しの夢を叶える日がやって来た^^
ペンション・レラモシリの車は利尻山登り口の北麓野営場に着きました。標高220m。ここから山頂まで標高差1500mです。

とにかく長丁場で有名な利尻登山。お願い!脚よ、もってくれ~!

トイレを済ませて出発。トイレだけはmustだよ~ 
利尻山ではお花摘(野外でトイレをすること)が出来ません。アポイ岳に続いて携帯トイレ持参です。トイレブースは6.5合目、8.5合目(避難小屋)、9合目と3か所にあるそうだけど、長時間の歩きなので携帯トイレ2個ザックに入れました。

さあ、歩こう!!!
あはは、どうなることやら~この瞬間が来ちゃったよ~笑 

お水は2リットル持ちました。
空のペットボトルに甘露泉水の湧き水を入れて。用意完了!
ここのお水はホントに甘くておいしい。湧き水NO1!

3合目(270m)甘露泉水 ここから本格的な山道となります。

ホオノキの花 
いつも見上げて見るホオノキの花。こんなに手に取れるとは珍しい。ほぉー!w

それにしても、早朝の空気が気持ちいい♪ なんせ4時ですよ!仲間がいるから出来ること^^

登り始めて約1時間。4合目(390m)に到着。朝ご飯♪

前を行くsaiyu旅行社さんのツアーが先に朝ごはん食べてました。偶然にも知り合いのOnoderaさんが参加してるの~^^ 久しぶり~、お互い頑張ろうね!気をつけてね!(⌒∇⌒)

今日はレジェンドガイドのToshiyaさんはSaiyuツアーを率いてらっしゃいます。私達は登るのが一日延びたのでToshiyaさんガイドで登れなくなっちゃったけど、前の日に利尻島や植物の事などToshiyaさんから予習させて貰って大満足したしね。今日は気心知れた仲間で気楽に登れていい感じ。

我らには頼りになるKaoriガイドがいる!Kaoriさんの優しい援護射撃を受けつつ、ボタラバ登山部4人で人生初の12時間山歩きに挑戦です。

そういえば、撮影隊も登ってました。空港で流す映像を撮影だとか。楽しみ♪

Toshiyaさんガイドツアーは一番ゆっくりだから、私達も付いて行かなくちゃね~と、この時は真面目に言ってました^^ 結果は ahaha、ぜーんぜんダメでした。苦笑

さあ4合目から5合目 思い出に残るウルウルロード。要注意!ツタウルシだらけ!

ウルウルとは、我らが名付けたツタウルシのこと。狭い道の両脇がツタウルシだらけだったの~ 簡単に手や足に触れる所にツタウルシがあるんです。ハイ右、ハイ左と指示するのも忙しいけどハルさんが頑張ってくれた!ハルさん指示により、Kaoriガイドが「ピポピポピポー」とサイレンを発しますwww 緊急事態宣言発令! 
大体2日後礼文島で腫れて痒くなる人が多いそうです。

利尻登山前半と言えば一番思い出すのはツタウルシ。

3枚の葉が目に浮かぶ(⌒∇⌒)

だんだん森林限界が近づいてきます。エゾマツ、トドマツとお別れ。尾根までもうすぐ。ここ迄が私的には頑張り時。だって、あとは非日常の景色に変わるもの~

ヤッター\(^_^)/6合目。第一見晴台。

気持ちいいね~ 

遠くにフェリーターミナルやぺシ岬が一望できます。

気持ちいいけど、まずは6.5合目のトイレブースへ直行したい!あと10分なんだけど結構登らなにゃいかん。がんば!

  

トイレブース到着しました。

こんな感じ この次のトイレは登り100分後の避難小屋と知って、行く気なかった人もやっぱり行っておこうと混雑気味でした。もう一個欲しいな。それとも男性用の簡単なトイレブースとか。

ふー、スッキリ^^ これで登れる!笑 

7合目到着。7 を各自表現しております。

見て下さい、嫌なネーミング。胸突き八丁とは。

7~8合目が大変だよ~長く感じるよ~と聞いた覚えがある。どんな感じかな!?
次に目指すは第二見晴台。手前15分位は岩場登りらしい。が、結構岩場登り好き♪ っていうか、ここまでは意外に普通の道が続いてました。ひたすら長いけど。

岩の多い道をえんやこらさ。

第二見晴台に到着しました。

登り始めて4時間経過。しばし休憩なり。あんなところからよく歩いてきたものだ。人間って凄いね。

さあ、とにかく長官山へ 
長官山へ行くと初めて利尻山の山頂が見えるはず。
それにしても素敵な登りだこと!!!苦笑

   

あと30分かな。

   

着きました!8合目、長官山

見えた!あれが利尻の頂きだ!!!

ここ迄来れた~!


登頂NO319\(^_^)/ 長官山1218m 

長官山とは1933年に北海道庁長官佐上信一氏がこの地点まで登ったのを記念して付けられた名前。記念碑があります。

もうちょっとで8合目の避難小屋 

行こか~ ふー、ここまで来れて良かった。いろんな人から脅かされてたからホントに良かった~来れたぁ。あの美しい山容を見たら、行かねば!!!

お天気に恵まれました。
利尻に登るにはこれが一番のプレゼントかも。独立峰の利尻。景色が見えないことには・・・それに遮るものの無い道。風が吹いてたら・・・暑ければ・・・

有難いことに条件最高の日です。

登るぞ!!!

   

右に見える青い屋根が避難小屋。気持ち良さそうな道が続きます。

この辺りから花が沢山見れるようになってきました。

余裕も出て来た・・・

チシマフウロ

   
バイケイソウ

   
ウコンウツギ

さあ、避難小屋に到着しました。トイレブースが2個あります。

じつはこの時、脚に少し違和感が。筋肉がやばいよ、これからっていう時に。やばいやばい。太ももが!っていうと、アミノ酸って言うのがKaoriさんのいつもの言葉。今日はかなり飲んでます。正直もう飲みたくない。。。
だけど逆らわずに飲みました。

それが!!!歩き始めて少しして、な、なんと!感じたのです。初めて実感したのです。筋肉の違和感がすーっと消えていくのを感じたのです。え?自分でもびっくり。 
それから下山するまで全く問題なく歩けました。飲みにくいアミノバイタル。ぅえ!ってなりそうだけど、効き目ありました!!!
これより、アミノバイタルとお呼びせねば!!!

では続く

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。