Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

礼文島 ゴロタ岬に咲く花

あと二頑張り!@利尻、礼文島花の旅 8

8合目の避難小屋から再び登り始めると、男性とすれ違いました。

「こんにちは!」

「こんにちは!これからだよ!頑張って!あと二頑張りだ!」

「えー、一頑張りじゃないの?苦笑」

「うん、ここからだよ~ あと二頑張り~!笑」

どひゃー!

でも、周りの景色はガラリと変わり、歩く道もザレてきます。植生もがらりと変わり高山植物が沢山見れるようになってきました。

おお!出てきました!お待ちかねハクサンイチゲ!夏シーズン到来を告げる花ですよね。高山でこの花を見ると毎度毎度テンションが上がります\(^_^)/ 今年も見れた!

エゾノハクサンイチゲ 
花柄や葉柄に長軟毛があります。

   

お!花は終わってるけど、いい場所に咲いてる!

後ろの景色を入れて写せる^^

スマホのカメラの位置を下に持って来て・・・パチリ ハクサンイチゲの上に伸びる姿が大好き♪


イワベンケイ

最初ジンヨウスミレかな?と思ったけれど、キバナノコマノツメですね。利尻で唯一見れる黄色いスミレだそうです。

    

素晴らしい景色が見渡せる。
たまには後ろを振り返ってにこり。
同世代っぽいシルバー隊が頑張って登ってきた。皆がんばってるな~

お!なんだなんだ!クワガタソウだけど初めて見るやつ。

シラゲキクバクワガタ
葉に切れ込みが入っていて、確かに菊葉ですね。そして全体が白い毛におおわれてます。なのでシラゲ。

   

さあ、9合目到着です。一頑張り終えたかな?

ここからが正念場だと~???!!!

   

しかし、花好きはきょろきょろ、わくわくするばかりでそんなに大変さは感じない。それどころか花を写す時間で遅れてますよ~かなり。

これは逃せない!と写してたら、まゆりさーんってお呼びがかかった!はい!よーくわかっております。苦笑 ごめーん!

だって、雪渓バックにハクサンイチゲだもん。でもごめーん。

急げや急げ!

お!アズマギクが! でも急がなきゃね~ 
などと言いながらまだ写してる。

   

おおおー! これは写さねば!!!

ボタンキンバイですもの。おおー!ボタンキンバイちゃん、あなたに会えるとは!キルギスで沢山見たのです。そして調べたら、日本でも見れる。利尻山でだけ見れると・・・あの時から頭の隅に、利尻山=ボタンキンバイというフレーズが生まれてたの~ 嬉しい!

   
ボタンキンバイ キンポウゲ科 日本では利尻山でしか見る事のできない貴重な花。最盛期には山頂直下の東斜面を真黄色に染めるほどだそうです。

時期少し早いのに見れてはっぴぃ。

おーい、大丈夫? 大丈夫~ だけど花が!!! 

時間ないよ! 

ですよね~ はい~!

そろそろ頂上近いかな?

では続く

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。