Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

礼文島 ゴロタ岬に咲く花

バナナリーフ・アポロ@シンガポール

昨日の記事のバナナの葉つながりで懐かしいシンガポール時代に書いたブログの記事をコピペします^^ 15年もたったのですね。シンガポールのインド人街の雰囲気を感じて頂ければ嬉しいです。

2007年9月27日 (木)
フィッシュヘッドカレー@バナナリーフ アポロ

シンガポールの代表的料理であるフィッシュヘッドカレーを食べてきました。

バナナの葉っぱを敷いて食べさせてくれるよ~!というと、即、ええっ、行きたーい!!!日本から来星の友達3人組さん、聞いてみると、なんでも、返事は行きたい!食べたい!なんですが、バナナの葉には特に興味を引いたようです。

まずは、代表格のバナナリーフ・アポロに行ってきました。2週間ぐらい前にメル・ギブソンが突然食べに現れたそうです。

初めて行く人は、お店に入ったはいいものの、どうやって注文したらよいのか、きっと分らないでしょうからご紹介です。

↑ お店の雰囲気はこんな感じ。

まずは、座るだけで、黙っていても、バナナリーフを持ってきてテーブルに敷いてくれます。

これだけで、ちょっと異国情緒たっぷり・・・ワクワクと言う感じ。

待っていると、ライスと2種類の付け合せが配られます。黙っていてもここまでは皆同じです。この基本セットが3ドル。たった240円。シンガポールドル1ドル=80円

それが上の状態。右上のパパドも無料で付きます。これうちの息子の大好物。

このパパド3枚だけで、日本では、よく行くインドレストランでは600円するんですよ。

     

ライスは洗面器入り^^ 

配り方がなんと手洗い。ちがった手荒い!!!笑

さて、メニューから注文です。いくつ頼んでも、何を頼んでも、勿論かまいませんが、フィッシュヘッドカレーは大きいので、フィッシュヘッドカレーだと、ひとつで十分です。

飲み物はラッシー(ドリンクヨーグルト)。白いのが来るかと思ったら、マンゴーラッシーでした。ここのは全てそうみたい。

辛いカレーにはちょっと甘めのラッシーがおすすめ。

もちろんインド人は手で食べてます。

私たちも手で食べなきゃいけないの~?なんて、友達から質問。やってみる~???

トイレに行った友達が帰って来て、洗面所がご飯粒でいっぱいだったよー。当たり前だけど最後に手を洗ってるのねー。ですって。

何もかも目新しい事に、日本から来た友達3人はきょろきょろ状態でした^^

魚は鯛のようdesu。美味しいですよ。

フィッシュヘッドカレー21ドル。私は大好きです。

ぜひ、お試しあれ!!!

インド人たちを観察していると、食べた後は葉っぱを半分に折っていました。終わったよ。というマナーみたいです。

うちの子どもたちは小さい頃に、シンガポールにいたので、辛いもの大好き人間になっちゃいました。

年中暑いところにいると

刺激が~~~!!!

欲しい~~~!!!

場所は、MRTリトルインディアの駅から、広い道を北へ徒歩5分。

凄いアバウト~!笑

詳しくはまた載せます。

では。

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。