Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

2024.02 岩手山裾野・七滝

モーリシャスの旅 その4

2008年4月17日 (木)

15年前の昔の記事をこちらにお引越しさせました。
モーリシャスに興味ある方はぜひ。

モーリシャスの旅 その4

モーリシャス2日目。プーケットで味を占めたATV車のツアーが、モーリシャスでも楽しめそう。もしあったら、絶対やろう!!!そう思ってPCで検索すれどもヒットなし。でも、モーリシャス各ホテルのHPのアクティビティの所をクリックすると、それらしき写真は載っていたりするので、コンシェルジュに聞いてみました。ありますよ!いいところですよ!!!モーリシャスではATVと言わずにQUAD(クオッド)というそうです。
4輪バイクです。

Img031_2 プーケットではこんなでした。

よっしゃー!即決まり!

どんなとこか分らないけど、山を走れば植物も見れるし行ってみるとしますか。
場所は、Le Domaine de L'Etoile ル・ドメーヌ・ドゥ・エトワール カタカナで書くとこうなりますね。

モーリシャスは学校は英語で勉強するそうです。でも、家でしゃべるのはクレオール語。これがフランス語にとても近いので、皆英語もフランス語もしゃべれるんだよ。とタクシーの運転手さんは言ってました。目にする活字はフランス語です。

Le Domaine de L'Etoileってどんなところ? わかりませーん!でもちょこっと見た写真ではいい感じだった!タクシーで南下すること約1時間。

なーんにも分らず辿り着いたところは。。。果たして一緒にツアーに参加する人はいるのかな???少々不安な気持ちで降り立ったところは・・・

WAOーーー!!!

ごめんなさい。感動すると言葉になりません。

何か違うぞ!!!

五感が正直に察知してます。まず目に入ったのは、植え込みいっぱいの蘭の花。

     

     

おー、それもおまえさんはうちのバンブーオーキッドちゃんではないの?!?!うちってのも変だけど、マレーシア・シンガポール辺りが原産地のバンブーオーキッドではないですか。シンガポール植物園・国立ラン園でも見れます。それにあさって自然友の会で行くケントリッジで見ますよ!お前さん達こんなところでも綺麗に咲き誇ってくれてるのねー!!!感激!!!

身近な蘭をこんなところで見れて本当に感激でした。

こちらへどうぞー。あっ、はい。

蘭が気になるけど撮影は後にして・・・

     

レセプションはこちらです。

はーい!!!

なんだかいい感じ。

おお!藁ぶき屋根。違った!椰子ぶき屋根

かなりテンション上がってきました。そうだった、ここはアフリカだった。初めてそう思った瞬間でした。。。

建物手前、こんもりした植物は全部バンブーオーキッドちゃんです。

     

パパさんもうきうき。

なんか違うな^^

確かに。

なんて表現したらいいのか

うーーん、敢えて言うなら、

「気が満ちてる!!!」

うん。

まさに!

「気が満ちてる!!」とはこんなところのことだ。

レセプションに入ると、またまたWAO!!!ホントに「わお!わお!」言えるのは自然友の会(日本人会、シンガポール自然友の会)のお陰です。あー幸せだ。

こんどのWAOー!はこれ(⌒∇⌒)

入った途端、こんなのが迎えてくれたらWAO!でしょ?!

アフリカンな建物にぴったりのデコレーションだと思いませんか?

アフリカンチューリップボタ本P179)とバンブーオーキッド(ボタ本P147)のコラボレーションなんて、今まで考えたこともなかったな。 この空間にぴったりだあ。いいなぁ。

受付を済ませジュースを頂き、戻って、まずは蘭の写真撮ってきまーす!

        Rimg0158

この時点で先着一組様でした。そのふたりも散歩を楽しんでます。

     

     
学名: Arundina bambusifolia = Arundina graminifolia  ラン科
Common name: バンブーオーキッド ナリヤラン(和名)
原産地:マレーシア・シンガポール

写真の実についている細かい白い粉みたいなのが種(タネ)。

     

この実が膨らんで上の状態になる。ランについて詳しくはボタ本のNOG(ラン園)のところを見てね。

背丈は1mほどになる。茎の先端に1個の花を付ける。日本には石垣島小名浜西表島に分布しており、和名は西表島の成屋村(現在廃村)にちなんでつけられたそうです。

WAO!! またWAOかいな。じゃー、変えてフー!!連日頑張って書いていると疲れましたあ!!!

話は変りますが、今日はシンガポールフライヤーに乗ってきました。

それも書かなにゃ~~

きっと明日に続く 

では

*****

お問い合わせは blueskymayuri★yahoo.co.jpへどうぞ ★を@に変えて下さい。