Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

2024.02 岩手山裾野・七滝

大朝日避難小屋まで@大朝日岳 5

銀玉水に着きました。いい名前を付けて貰っているだけあって、うまい湧水3選に入るんだそうです。東北で!だっけ? 

嬉しい~!着いたよ~ 休憩しましょ!

ここは大朝日岳のとっつきって感じかな? 

ヒメサユリ姫とはお別れ。また明日♪

 

毎年、7月の上旬まで雪渓が融けず、この斜面をアイゼンかチェーンスパイクを着けて登らなくてはなりません。私達も用意しました。

が・・・

なんて嬉しいこと、宿にいる時に、アイゼンはいらない!という情報が!なので、車に置いてこれました。めちゃくちゃはっぴぃです。心からはっぴぃ。

さあ、登りましょ。小屋までどれくらいで登れるかな。30分?40分?

振り返れば歩いてきた道が。

いい眺めだぁ。

奥深い所にきたもんだ。

ひたすら、登る登る。

やだね、こういう登りって面白みに欠けるね~という声が聞こえる。確かに。イヤイヤ、さっきまでが超スペシャル特選コースだったんだよ。

えっさえっさ歩いていると、

お!珍しい蘭が! 可愛い蘭が咲いてました。

オノエラン(尾上蘭) ラン科・カモメラン属
和名のオノエランは山の上に生える蘭という意味だそうです。
本州(中部地方以北、紀伊半島)の日当たりの良い岩上や草地に生える。高さ10~15㎝。写真で見るとツバメオモトに似てるようにも見えますが、実際はツバメオモトより、うんと小さいです^^

前の方で声が上がる。

あ~ ウスユキソウよ!!! ここよ~ はーい!

最初、ほんの3つの花に喜んでいたけれど、わー、ウスユキソウの花畑よー。

ですよねー、

ここに来たからにはこうじゃなきゃね~(⌒∇⌒)

深田久弥さんの日本百名山には「牛に食べさせたいくらいに」咲いていたと書いてあります。

  
ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)

私達には、エーデルワイスサウンドミュージックだけど、この頃、この話題も通じなくなってきた。時は流れる~~ 

さあ、もうちょい。

朝日嶽神社奥宮にお参りして、

小屋までもうちょい

午後4時、無事到着しました。

安心、安心。着いた~ 

荷物を置いて気分変えて、さあ、もうひと頑張り!!!

若いガイド二人は食事用の水を汲みに銀玉水迄行ってくれます。

アリガタヤ~

では

*****

お問い合わせは blueskymayuri★yahoo.co.jpへどうぞ ★を@に変えて下さい。