Botanic Lovers

ボタニック・ラバーズ

塔ノ岳から丹沢山への道は見事なシロヤシオロードでした♪

パンギー谷#1@インドヒマラヤ・パンギー谷、青いケシの旅 22

2014年9月11日の記事です。過去の別ブログの記事をこのブログに移動してまとめています。

パンギー谷で。

こんな流れを超えて歩いていきました。


流れに沿って歩いていくと、白いアネモネ( Anemone obtusiloba )がたくさん咲いていて、可愛い。。。

Img_4903
でも、水のほとりは 

なんといっても、この黄色いリュウキンカが場所を占領しています。

後ろを振り向くと、山が綺麗だったので、

寝転がって、山をバックに写してみました。
     
この黄色い花は、キンポウゲ科リュウキンカ属のカルタ・ゴヴァニ アナ( Caltha govaniana )です。

どんどん歩いていくと、こんなに開けて、はるか向こうに滝が・・・

f:id:blueskymayuri:20211114091448j:plain

よーく見ると、滝の手前が なんだか白い花で埋め尽くされています。

    

おお、凄い!

一体、何の花?

ボケますが、ちょっと大きくしてみましょう。

白花が群生してるでしょ!!!

一足早く見てきたmatsuさんがサクラソウだったよ~て、言いながら戻ってきました。

いつも、写真を撮るのに時間がかかる私は、大体最後をのっそりのっそりと歩いています。 おー、サクラソウなのね、行かねば~~

近くに行ってみると わー、こんな群生初めて!

凄い!綺麗~

f:id:blueskymayuri:20211114084510j:plain

    f:id:blueskymayuri:20211114084823j:plain

こちらがサクラソウ
この清楚なサクラソウの名前は、プリムラ・ムンロイ( Primula munroi )

    
ほのかな香りが漂ってます。 

いいな・・・

名残惜しいけど、みんながもうランチ食べてるので戻らなくちゃ~~


頭の中が 黄色と白でいっぱい♪

リュウキンカサクラソウ、そしてごうごうと勢いのある水の流れ

花に埋もれて、

色々と形を変える水しぶきを眺めているのが楽しかった~

   

    f:id:blueskymayuri:20211114091222j:plain

では

*****

お問い合わせは info★botaniclovers.com へどうぞ ★を@に変えて下さい。